本文へスキップ

琉球占い講座は、琉球四柱推命学校を運営するオフィスファルが提供する無料占い講座です。

TEL. 098-995-0730

〒901-0303 沖縄県糸満市兼城581-1-610

琉球占いの家相講座HEADLINE

家相講座

家相講座その1

家相のはじまりとは

家相学とは文明が発展し、人が自分の住んでいる周囲の住環境を意識し始めた頃に生まれた環境学といえます。風水と家相の大きく異なる点は、特に「鬼門」の扱い方にあるでしょう。中国の風水では「鬼門」(東北の方位)のことを、ほとんど取り上げません。そもそも風水には本来、この「鬼門」を大切にする発想法がほとんどないのです。

家相と風水の違いについて

家相講座ー家相とはまた、中国の風水占いでは「本命掛」といって、そこに住む人の生まれた年によって、方位の「凶方」と「吉方」が異なると考えます。他にも中国の風水では、全部の方位を日本のように「12方位」ではなく、「24方位」や「36方位」に分けるのが一般的なようです。さらに、それ以上にさらに細分化している流派もあるようです。また、一方位の角度の取り方も「30度(東西南北)と60度(東北・南西・南東・北西)」ではなく、均等に「45度」で方位をとるという具合に、風水と家相では内容がまったく異なるのです。

ですから、それを行う人がもし風水師と名乗っていても、「鬼門」のことを細かく取り上げたり、あるいは生まれ年である「本命卦」といったものを考慮しなければ、その人は本来の風水師ではなく、日本古来の「家相家」としてみるべきでしょう。 

家相と風水は占いではない

さて、家相や風水のことを「運命学」「占い」と考える人たちが多くいるようです。ですが、厳密な意味において言えば、家相や風水は「運命学」とは言えません。なぜなら、運命とは本質的に人間の「潜在意識」に中に宿るものだからです。辞書で運命の字義を調べてみますと、運命の「運」とは「めぐり行くこと、動くこと」をいい、「命」とは「天や神から与えられた宿命」ですから、両方をあわせると運命とは「天から与えられた宿命がめぐり動くこと」という意味になるでしょう。

こうした運命の作用というのは、本質的には人間の「心の内部」に働くのであり、そうした心の内面の変化を知ることができる技術や知識を、「運命学」と呼ぶことができます。

運命学の本質的な意味とは

人間は住む場所の影響を受けています。ですから外部の刺激が徐々に内面にも刺激となり、人の心が少しずつ変化していくことはたしかに事実でしょう。ただ、そうした外界からの影響は、よく考えてみればそれは「家の相」「風水」だけではないはずです。

たとえば、

1)「友人関係」
2)「時代背景」
3)「教育の内容」
4)「両親の影響」
5)「地域の影響」
6)「国の影響」

など、心に対して外的に影響を与えるのは、実は無限にあるのです。
もし、「家相」や「風水」を「運命学」とすると、他の環境的な要因も、つまり、教育や国家、両親の影響までもが、運命学の範疇に入ることになるのです。通常、こうしたものを「運命学」とは言いません。それと同様に、環境的な要因ばかりを扱う「家相」や「風水」も、厳密な意味で言えば、「運命学」ではないのです。

運命学とは何か?

こうした環境的な外因は、厳密に言えば「運命学」の範疇には入らないといえます。「運命学」と言う場合、そうした環境による外的な影響を除外し、それ以外の要素から運命を予測する技術を想定するのです。たとえば、霊感的な要素を使うタロット、易など、あるいは統計学的な占星術などです。要するに、運命学とは……

1)「易」
2)「タロット」
3)「占星術」
4)「手相術」

などが入ります。つまり、人間の内面的な心そのものを対象とし、その内的な動きを読み取る技術を「運命学」として定義付けることができます。
現代であれば、その対象となる心を「潜在意識」と呼びかえても良いでしょう。その潜在意識の内部を探り、心の構造や心の法則性を知って、それを利用する技術を総称して「運命学」というのです。占星術などの運命学の知識は長年のの統計的な研究によって、その基礎が確立されています。

また、実際にその技術を極めれば、高い精度で心の様相や未来の変化を的確に予測することもできます。
ですから、実際に正しい運命学を選択すれば、心の内面を正確に知ることができますし、また、心の構造が持つ運命法則を応用して、自分の運命を変えていくことも可能なのです。

家相講座その2

家相の起源とは

家相講座ー家相のはじまりとは家相占いとしての歴史をみてみますと、家相も風水同様に歴史的には浅いところがあります。つまり、考証の弱い面があることが分かります。今現在、使用されている「家相」の根拠の多くが、江戸時代に作られたものです。摂州の神谷古暦の『家相観地録』、大江桐陽の『家相口訣』、疋田慶明の『家相秘録』、松浦鶴雄の『家相要書』、大阪の松浦東鶴の『家相大全』、弟子の松浦琴鶴の『家相一覧』『家相秘伝集』などが、家相の古典といえるものでしょう。

このいずれもが江戸時代に作られたものであり、現代における「住宅環境学」の走りだといえるものでしょう。江戸時代といえば、西洋に始まった科学が西洋から東洋へと伝達されていく時期に当たります。

家相の始まりについて

家相もその影響を受けたのでしょう。それまで「科学意識」の薄かった当時の日本人が、自分の住んでいる場(住宅)の環境的な善し悪しに気づき始めたとしても、何ら不思議ではありません。つまり、科学意識の徐々に開けた人々が自らの劣悪な住環境に気づき、それを変えていこうとする始まりが、家相学の始まりではなかったのでしょうか。


家相は当たるのか?

家相では「鬼門(東北)の方位にトイレはよくない」といいます。これは当時の住環境を考えれば、至極、当然だといえるかもしれません。昔のトイレはほとんどが汲み取りの上に、現代と違ってかなり不衛生な状況でした。それを東北に持ってくると、冬は必ず北風が吹きますから、不浄な匂いなどが家の方向に向かって吹くことになります。また時には、匂いだけでなく雑菌などの不浄なものが、家の中に入ってくることにもなるでしょう。

家相の考え方とは

昔の家は現代と違って機密性の低い隙間だらけの家であり、冬は窓や扉を全部閉め切っているので、匂いが屋内にこもったりして、かなり不衛生ということになるでしょう。また、地形に関しても「三角の土地」は良くないと家相では言われます。たしかに「三角の土地」は機能的にもかなり使いにくい上に、地形としては無駄がたくさん出てきます。また、そこには心理学的な要素も入っているのではないでしょうか。たとえば「先のとがった形」のものに対して、人間や動物というのは大きな恐怖心を抱くからです。

それは、ナイフや刀を怖がる無意識の防衛本能なのでしょう。家や地形が三角形で鋭角的にとがっていれば、それを毎日見る人の無意識の恐怖心を刺激し続けることにもなるでしょう。それが日常的に毎日のことであれば、そこに住む人に、多少なりとも神経質な面が出てきてもなんら不思議ではありません。

家相の中には迷信も多い?

家相講座ー家相は迷信か?こうした住環境に関する、古来からの様々な経験や知識が、「家相学」という一つの信仰スタイルを作り出してきたのです。ただ、こうした古来の環境学を検証してみると、かなり迷信的なものが多いのも事実です。現代人は心理学や地質学などを応用した科学的な見地からこれらの要素を考え、昔の人たちが伝えたかった「真意」を理解すべきではないでしょうか。

「家相学」ができた当時において、現代のような「住宅環境学」がなかったこと、また、当時の人々が、現代人のような科学的な思考パターンができなかったことを考慮することで、この「家相学」の本当の意味が理解できるのです。何も検証せず、家相学を何か神秘的なものとして鵜呑みにすると、家相そのものに振り回され、家相に泣かされることにもなりかねません。現代のような時代においては、その当時の家相という近似科学的な発想が「いったいどのような真意を伝えたかったのか」を、十分に吟味する必要があるのです。



家相講座その3

家相の鬼門とは何か?

それは、日本の家相で最も恐れられている、「鬼門」という発想法にもいえることでしょう。次に家相の「鬼門」の意味を検証してみましょう。家相でいう「鬼門」とはいったい何でしょうか。家相では東北を「表鬼門」といい、その対角にある西南を「裏鬼門」と呼びます。そして、この「鬼門」は一般的に「悪い不吉な方角」として忌み嫌われたり、あるいはそのまったく反対に「神聖なもの」として、神秘化されています。

家相の鬼門の災いとは

家相では鬼門の方角にトイレや風呂場などの不浄な場所があると、そこに住む住人に何らかの不吉な災いが及ぶと考えられています。家相においてはこの「鬼門」という考え方が、その根幹を成すものとも言えるでしょう。とにかく、家相では不思議なほど、この「鬼門」のことを細かく言うのです。

しかし、不思議に思うのは、これだけ「鬼門」のことを細かく言うのにもかかわらず、なぜ「鬼門」の方角が大事なものなのか、という明確な理論や説明が家相には存在しないのです。ちなみに、風水の本場である中国では、この「鬼門」のことをほとんど取り上げません。言い換えれば、この「鬼門」という発想法自体が、日本独自に展開したものといえるのです。

なぜ中国には鬼門がないのか?

もし、「鬼門」に何らかの重大な意味があれば、あらゆる運命学の本場でもある中国に数多くの文献が残されているはずではないでしょうか。なぜなら、日本の占いのルーツの多くが中国にあり、奇門遁甲、九星術(気学)などをはじめとする、占いの多くが中国で誕生したものだからです。しかし、本場の中国にそうした鬼門等の文献等はなく、この「鬼門」を取り上げないというのは、まったく理解に苦しむところでしょう。

家相の鬼門の謎を検証する

運命学の立場から、長い間この「鬼門」の意味を考え続けてきたのですが、その明確な効果を経験したこともなく、また聞いたこともなく、さらに明確な根拠・理由というのも聞いたことがありません。そこで、私なりにこの謎を解く、ひとつの仮説を立ててみたいと思います。まず、私が着目したのは、この「鬼門」の発想法が日本のみに存在し、世界中のどこにもないという点でした。

もし、「鬼門」にそれほど重要な意味であれば、中国をはじめとする世界中にそれを暗示する文献や、似たような記録があるはずです。しかし、実際にはどこにもありません。鬼門の発想は日本にしか存在しないのです。ということは、そこに何らかの意味があるのです。

日本の国の地形と鬼門の関係

まず、日本という国を考えてみてください。すぐに浮かぶのは、その「地理的な特殊さ」です。日本という国は、国の周囲を全部海に囲まれています。さらに、「東北と南西」に長く伸びる、細長い特殊な地形をしています。(図参照)中国など、他の一般的な国家などは隣国と多くが隣り合わせですから、日本は世界でも珍しい特殊な地形といえるでしょう。私は、この日本という国の特殊な地形をみるとき、「鬼門の発想法」じたいは、実は、そこから生まれたものではないかと考えるのです。

東北と南西に伸びる地形と鬼門が一致した!

日本という国は周囲を海に囲まれ、「東北」と「西南」に細長く伸びている特殊な地形をしています。東北と西南は、家相でいう「表鬼門」と「裏鬼門」の方角に当たります。 「地形と鬼門が一致する」、はたしてこれは偶然の一致でしょうか。


家相講座その4

家相の作られた時代背景とは

家相講座ー鬼門と日本の地形の一致さて、この家相学が作られた時代背景を考えてみましょう。今の日本は非常に平和な時代に入っていますが、江戸時代の家相がはじまったわずか数百年前にさかのぼれば、闘争の時代であったことを忘れてはいけません。江戸時代においては、現代のように一つの国家とはいえないのです。

今でいう「県」に相当する「藩」が独自の軍隊を所有しており、中央(徳川幕府)政府に何か問題ごとが起きれば、再び戦国の世に戻る可能性も否定できない時代でもありました。つまり、現代のように国家が完全に統一されていないのです。もし、何らかの政治的な衝突があれば再び戦争が起き、相手の国が自国に侵略してくるという時代なのです。

それは常に緊張した時代といえるでしょう。そして、家相はそうした時代背景の中で作られたものであることに、まず着目しなければなりません。

敵の攻めてくる方位と鬼門が一致する

さて、日本という国は「東北と南西」の細長い特殊な地形から、もし戦争が起きた場合、確率的に相手の攻めて来る方角は、「鬼門の方位と多くが一致する」のです。


そのような戦争の時代にあって、一番大事なのは、いかに「自国を敵から守りぬくか」という発想法でしょう。その守備するための重要な方角が日本の特殊な地形上、その多くが「表鬼門」あるいは「裏鬼門」の方角と重なるのです。

鬼門はもともと軍事的な発想法だった?

そうです、これは昔の「軍事学」的な発想法だったと考えられるのです。「鬼門」の文字を見ますと「鬼」の「門」と書きます。「鬼」の意味とは一般的に「人間の闘争面」を指します。また「門」とは「出入り口」の意味ですから、「鬼門」とはまさに「鬼のような人が出入りする門」ということになります。

鬼の出入りする門=鬼門か?

その言葉の意味するものも、まさにぴったりなのです。戦国の時代にあって、侵略者というのはまさに鬼そのものです。当時の人が、どれほどそうした侵略者を恐れたのかは、想像する以外にできません。こうした当時の事情から、戦国時代の城塞都市の設計(戦国〜江戸時代にかけて)に、東北と南西の方角を重視する「鬼門的な発想法」が取り入れられ、そして「鬼門」の持つ意味が極端に重視されて、その後の家相的な発想につながったと考えても、なんら不思議はありません。

江戸時代に民間に鬼門の思想が広がる

それが江戸時代の大衆社会の変化に伴って何らかの形で民間に伝わり、当初の「鬼門の発想法」が歪んだ形になって、全国に広まっていったのではないでしょうか。そうした時代背景があれば、日本だけに「鬼門」がはやる理由も分かるのです。しかし、国家が完全に一つとなった現代のような時代において、そうした鬼門の発想法を今の現状に応用できるのでしょうか。

もし、鬼門に別の明確な科学的な理由があれば、こうした発想が重要になる理由も分かります。しかし、これまで納得のできる明確な根拠を一度も聞いたことがないのです。もし、そのような科学的な根拠があれば、それを聞いてみたいものです。

いずれにせよ、現在において「鬼門」に関する明確な根拠と理由が見当たらない以上、それを過度に重視することはないと思います。ただ、これも風水と同様に、最終的にはそれを信仰する人の自由に委ねられるべきだと思うのです・・・。



家相講座ー通信講座

占いを究める「プロ通信講座」が登場!

1) 
一人の運命鑑定にかかる時間はわずか1分。1分間でその人の性格、才能、能力、適性、適職、気質、体質、価値観、考え方、相性、人間関係を瞬時にリーディング。20年以上の統計から製作された独自開発の「運命鑑定ソフト」を使うことで、安定した運命鑑定を実現できます。あなたの友人、知人、同僚、上司、ご家族など、どんな人の性格も瞬時に読めます。

家相講座―通信講座の案内2) どんな人の運勢も瞬時にリーディング。今日の運勢、明日の運勢、今月の運勢、来月の運勢、今年の運勢、来年の運勢、3年後の運勢、5年後の運勢、10年後の運勢を瞬時に読み解きます。
ビジュアルグラフの採用で、初心者でも一目で運勢を判断できます。あなたの転職、面接、デート、商談、イベントなど、良い日を使えば毎日が「開運」のチャンスです。すぐに使える「開運カレンダー」が付いています。

3) 「占いを究めるプロ通信講座」は、従来の難しい四柱推命の勉強期間をわずか6ヶ月に短縮(3ヶ月)。独自開発の「運命分析ソフト」を使うことで、
初心者の方でも短期間でプロ並みの実力を養成します。あなたの運命を変えるチャンスがここにあります。
詳しくは、
「占い学校→」のサイトをご覧ください。



バナースペース

琉球占い講座

〒901-0303
沖縄県糸満市兼城581-1-610

TEL 098-995-0730
FAX 098-995-0730