本文へスキップ

琉球占い講座は、琉球四柱推命学校を運営するオフィスファルが提供する無料占い講座です。

TEL. 098-995-0730

〒901-0303 沖縄県糸満市兼城581-1-610

琉球占いの九星気学講座HEADLINE

九星気学講座

九星気学講座その1

九星気学とは

九星気学とはもともとは九星術といい、その源流はほとんどの日本の占いがそうであるように、中国の占術(奇門遁甲)にあると考えられます。九星気学は一般的に開運のための方位学として用いられることが多いようです。人がどこかに移動する際に、その空間方位の良し悪しを判定し、効果の高い運気を利用しようという発想法です。九星気学による占断法は、9個の象意をもった9つの星(九星)を使用します。そこから九星気学と称されるのでしょう。

九星気学の占い方

この九星をある一定の循環率の法則にしたがって各方位に配当し、その方位の意味を読み取って吉凶を占います。その人の生まれた年、あるいは生まれた月に中宮していた星を「その人の潜在的要素」と見なして、占いをするのです。九星気学は、多くが方位占いに使用されるのですが、方位を占う場合はその人の生まれた年の九星(9個の星=一白水星〜九紫火星)と相性のよい九星が、その目的とする方位にめぐっているかどうかを判断します。

九星気学の傾斜法と同会法とは

九星気学で個人の運勢を見る場合は、「傾斜法」や「同会法」といった気学独特の理論を使って、総合的に吉凶を判定して占います。この九星気学を使用した占いは、毎年神社などが出版する暦などにも掲載されており、日本で古くから広く普及している占いの一つといえるでしょう。

九星の意味とは

九星は主に自然界に存在する物に例えられます。人間に当てはめる場合は、以下のような性質になるとされています。

一白水星=水に関する性質を示す。臆病な側面がある。しかし凶暴になることもある。情緒的な作用があり、交際上手で器用とされる。才能、才知、色情が強いと言われる。

二黒土星=土に関する性質を示す。地味な性格であり、堅実で頑固とする。人には信用性がある。金銭面では細かく計算高い面がある。地味だが働き者であり、コツコツと少しづつ積み上げていく。決断力が弱いところがある。

三碧木星=木に関する性質を示す。一般に好き嫌いが激しいとする。積極的で激しい側面がある。また、調子に乗りやすい。おっちょこちょいでせっかち。じっとしない性格。

四緑木星=木に関する性質を示す。旅行や外出が好きで動き回る気質。世話好きな側面がある。活動的で世話好きなところも。人を利用するが、自分も利用されやすい。

五黄土星=土に関する性質を示し、尊大なところがある。リーダーの素養を併せ持つ。生真面目で面白みに欠ける。無愛想で寡黙。大きな勝負をする。権謀家の側面もある。

六白金星=金に関する性質を示す。高貴な気質で洗練された雰囲気。頑固なところがある。弁舌に巧みで立身出世をとげる。

七赤金星=金に関する性質を示す。風流な遊び人でおしゃべりな人。 金銭の浪費が多いく、自己中心的な側面がある。社交家で派手な人。意外と寂しがりやなところも。

八白土星=土に関する性質を示し、悠然として豪胆な側面を持つ。気分屋の側面があり、変化に富む人生。交際面では偏りがある。自己中心的な面も。

九紫火星=火に関する性質を示す。頭脳明晰で活動的。情熱的で俊敏。名誉欲が人一倍強い。嫉妬心、猜疑心が強い側面がある。芸術方面に適性がある。

九星気学で占いをする場合、その人の潜在的な要素を出す必要があります。四柱推命、占星術では生年月日時ですが、九星気学の場合は主に、その人の生まれ年、生まれ月を使うことになります。生まれ年と九星の対応は以下の通りです。

九星気学講座その2

九星気学の西暦対応表

〔西暦年対応表〕

一白水星 1936 1945 1954 1963 1972 1981 1990 1999 2008
二黒土星 1935 1944 1953 1962 1971 1980 1989 1998 2007
三碧水星 1934 1943 1952 1961 1970 1979 1988 1997 2006
四緑木星 1933 1942 1951 1960 1969 1978 1987 1996 2005
五黄土星 1932 1941 1950 1959 1968 1977 1986 1995 2004
六白金星 1931 1940 1949 1958 1967 1976 1985 1994 2003
七赤金星 1930 1939 1948 1957 1966 1975 1984 1993 2002
八白土星 1929 1938 1947 1956 1965 1974 1983 1992 2001
九紫火星 1928 1937 1946 1955 1964 1973 1982 1991 2000

生まれ年と九星の対応を知る

九星気学では、一白水星から九紫火星まで、一年ごとに反対から巡っていきます。九星気学ではその年に生まれた人は、自分の生まれ年に対応する星の性質を帯びるとされます。つまり、その星の性質を中心として使って、一年の運気をみたり、良い方位を探したりする基礎とするのです。※詳細に見る場合は生まれ月も参考にします。

九星気学の定位とは


〔九星の定位配置〕


定位とは、九つの星が本来属する箇所をいいます。これは易の方位と同じものです。以下のとおりになります。

北・・・・・・・一白
東北・・・・・・八白

東・・・・・・・三碧
南東・・・・・・四緑
南・・・・・・・九紫
南西・・・・・・二黒

西・・・・・・・七赤
北西・・・・・・六白


九星気学の吉凶について

〔九星の移動パターン〕

九星は特定のパターンにしたがって移動していきます。年盤であれば1年ごと、月盤であれば1月ごとに移動します。九星が移動すると、九星同士の相性、九星の定位との関係などから、吉凶が発生するとされます。方位を見る場合、以下の方位は凶とされます。

五黄殺・・年盤、月盤で五黄がある方位。凶の方位。盗難、災難、病気など。
暗剣殺・・年盤、月盤で五黄の反対の方位、五黄と同様に凶。損失、疾病など。
本命殺・・年盤、月盤で自分の生まれた九星のある方位、健康問題に障害がでる。
的殺・・・年盤、月盤で本命殺の反対の方位、同様に健康問題に障害がでる。
・・・・年盤、月盤でその年の十二支の反対側の方位、離別、別れなど。

九星気学講座その3

九星気学を検証する―疑問点とは?

さて、九星気学とは大まかに言って、以上の原理を元に成り立っていますが、しかし単純に流行っているからといって、それが全面的に信用できるわけではないようです。たとえば、九星気学に関する重大な疑問の一つは、「生まれた年のみを使って、個人の資質が本当に判別できるのか」という点にあるでしょう。九星気学では、個人の本質的な要素は「生まれた年」にあると考えます。私は、まずそこに大きな疑問を感じるのです。

九星で生まれ年を使う理由とは

九星気学講座ー九星気学のやり方もし、単純に「生まれた年」のみで個人の資質が決まるならば、小学校や中学、高校の同級生などは、すべて同じ運命、同じ性格になると考えねばなりません。しかし、実際にはどうでしょうか。私には同級生たちが、自分とまったく同じ運命や同じ性格には、とても見えないのです。

それは生まれ月まで考慮したとしても、同様でしょう。私には2日違いの誕生日の友人がいましたが、性格はまったく違っていました。四柱推命では生まれた時間が異なるだけでも、ぜんぜん違う性格になることがあります。まず、この大きな問題を九星気学ではどう解決するのでしょうか。そこに占いとしての気学の真価が問われる点があると思うのです。

九星気学の大本は奇門遁甲なのか?

九星気学とは、その基になるものが中国から日本に入ってきて、日本で独自の占いとして展開を遂げたと考えることができます。その点では風水と家相の関係と同じものですが、その本来の起源はどこにあるのでしょうか。気学は、もともとは「九星術」といわれました。ただ、その「九星術」の出所ははっきりとは断定できません。しかし、おそらくは中国古代の方位学であった「奇門遁甲」ではないでしょうか。

九星気学講座ー奇門遁甲は空間の科学か?「奇門遁甲」は、方位学としては抜群の信頼性を誇るものです。それは私自身の経験からも、はっきりといえる事です。これまで信じられないような劇的な体験を何度もしてきました。しかし、その使用法が実に難解なのが欠点なのです。奇門遁甲では「十干」「八門」「九天星」「八神」「九宮」という、5つの要素を重層的に組み合わせて、総合的に方位の吉凶を判定します。しかし、この奇門遁甲の占断するための作盤が実に煩雑なだけではなく、その判断もまた難しいという特徴があります。

ですから、当たるにもかかわらず、占いとして使う人は少ないようです。また、昔は戦争のための軍事学として使われてきた経緯もあり、それが大きな成果を挙げたために、禁断の方位占いとして王朝体制に封じられてきたという歴史もあると言われます。

こうした原点にある方位学が封印されたために、九星気学のようなシンプルで使いやすい方位学が流行したのかもしれません。こうした側面からいえば、日本の気学とは、奇門遁甲の一部の要素である「九天星」、「九宮」の要素を取り出して、日本独自の方位学として簡易的に創り出したものと思われるのです。

日本で発展した九星気学

日本における九星気学の歴史はそんなに古いものではなく、大正時代に活躍した園田真次郎や中村文聡がその確立者であるといわれています。九星気学が日本で流行ったのは理由があります。もともと原点である奇門遁甲が、日本ではほとんど知られていなかった、というのが理由の一つでしょう。

原点である奇門遁甲とその簡易バージョンである九星気学を比べてみると、その違いがよくわかります。奇門遁甲をされる人はご存知かと思いますが、九星気学で扱う「九星」や「九宮」とは、方位の吉凶を占い判断する材料としては、けっして主流にある要素ではありません。

九星気学講座その4

奇門遁甲と異なる九星気学の考え方

九星、九宮というのは、あくまでも方位判定の補助的な、脇役的な要素にしか過ぎないのです。実際に、私は奇門遁甲を使う際には、九星や九宮はほとんど考慮しません。なぜなら、その効果が実感できないからです。その補助的要素のみを取り出して、「方位現象全体を判断する」というのは、かなり無理があるように思えるのです。

この日本独自の方位占いでもある、九星気学が作られた大正時代といえば1910〜1925年ごろですから、中国や西洋の他の占いと比較すると、占いの歴史としてはまだ浅いと言えるでしょう。ですから、これからもっと多くの綿密な統計的な考証を重ね、その内容を吟味していかねばならないでしょう。

奇門遁甲や九星気学などの方位学について

九星気学講座ー空間と方位学についてさて、「方位学」という言葉が出てきましたが、ここで方位学について一考してみましょう。そもそも「方位学」「方位占い」とは何でしょうか。一般的に「方位学」「方位占い」は、自分のいる場所を中心としてみていきます。その周囲の空間(平面)360度を8つの方位に分けて、その人がいずれかの方位(空間)に移動した場合に、その方位(空間)の持つ影響を受けるとされる理論です。

もし、それが良い方位であれば心身の調子(運気)がよくなりますし、悪い方位であれば心身の調子(運気)が悪くなるとされます。そして、その吉凶を占い判定するのが「方位学」といわれるものなのです。こうした方位理論が形成されたのは、古代中国の戦国時代を生き抜いてきた人たちの経験的な積み重ねだろうと推測されます。

しかし、現代の科学的においては、その原理はまったく解明されておりません。ただ、現代に至るまでの長い期間、この「方位学」「方位占い」が残されているのは、そこに何らかの真実が含まれるからではないでしょうか。

奇門遁甲の方位の効果は確かに実在する

私自身も、最初はその効果を疑ったものでした。しかし、一概に否定することは研究者にとってはタブーです。ですから、この方位効果の実験を、自分でも繰り返してきました。その結論から言えば、たしかに方位現象というのは確実に実在するのです。私が最初その効果をまざまざと実感したのは、ある劇的な方位体験でした。それもおぼろげな効果などではなく、はっきりと「方位効果」「方位現象」が確認できるほどのものだったのです。

しかし、私の体験は「九星気学」を使った場合ではなく、「奇門遁甲」を使った場合でした。
それも九星気学などが言うように、何年や何ヶ月、何日後といった長期にわたるあいまいな効果ではなく、その効果というのはすぐに、つまり移動中においてもその効果が出始め、その後もしばらく(数時間ほど)続いたのです。その効果が切れたのは、再び移動したときでした。

奇門遁甲は空間の科学なのか?

九星気学講座ー奇門遁甲の不思議な体験とはここで疑り深い人は、こう言うでしょう。「それは君、自己暗示によるものだよ。最初に君がそのようになると信じたので、実際にそうなっただけさ」。すべての占いにいえることですが、占いには確かに暗示効果というものがあります。これは人間の潜在意識の弱点でもあるのです。

テレビなどで催眠術を見たことがあると思います。「あなたは鶏です」というと、かかった人は羽をばたつかせて「コケコッコー」と鳴いたりします。人間の潜在意識には、意思の命令に忠実にしたがう本能があるのです。これを私は身体器官と定義つけていますが、とにかく下位の潜在意識は、上位の意思(マナスともいう)の命令には逆らえないのです。

だから、どんな占いでも「何となく当たっているような感じ」がしてしまうのです。ただ、奇門遁甲の経験は、そうした暗示効果を吹き飛ばすものでした。その効果は自己暗示などによるものではありません。なぜなら、その方位現象の意味を知ったのは、私が方位現象の不思議な体験の後だったからです。つまり、その体験をしたとき、私は奇門遁甲の意味をほとんど理解できていませんでした。

九星気学講座その5

奇門遁甲で奇跡的な体験をする

それは、ある日外出しているときに起きました。その内容はここでは言えませんが、それが常識では考えられないような、実に不思議な体験をしたのです。その体験が私にとってあまりにも不思議で劇的な体験でもあったので、はっきりとその日付とその出来事を覚えていたのです。簡単にいえば「狸に化かされた」ような感じでした。

九星気学講座ー空間には大きな謎があるそして、ずっと後ほどに「奇門遁甲」を使って、何となくその日付の作盤をしたところ、その日に起きた出来事の象意がはっきりとそこに書かれてあったのです。そのときは、まさに「目から鱗がおちた」という感覚でしょうか。それまでは九星気学を使った方位学を実践していたのですが、九星気学ではこのような劇的な体験を経験したことは一度もありません。

また、九星気学が「効果はすぐにでるものではない、何ヶ月、何年後に出ることもある」として、確かめることもできないような、かなり曖昧な逃げ口上的な事を述べるのに対して、奇門遁甲での瞬時の劇的な体験は、まさに奇跡としか言いようがありません。

そこには一切の誤魔化しが、入りようもないのです。どんなに理屈っぽい人でも、それを自分自身で体験すれば、私の言うことを信じることでしょう。また、あるときは移動中において気分が優れず、なぜかいらいらと落ち着かない状況になったことがありました。その後、そのときの状況を奇門遁甲で確認すると、かなりネガティブな方位だったのです。つまり、怒りっぽくなる方位だったのです。

私はその後も、また不思議な体験を何度も積み重ねたのですが、そのたびに作盤してもまったく同様だったのです。その不思議な方位現象を経験して以来、「方位現象」「方位効果」というものが過去の迷信などではなく、その現象が確かに実在することを私は確信したのです。

ちなみに私は自身の研究と経験から、奇門遁甲と四柱推命を大いに信頼しています。これらは実際に、ただの占いと呼べるものではありません。これは間違いなく「心の科学」なのです。近いうちにそれが実証される日が来るでしょう。

科学では解明できない空間の謎がある

さて、実に不思議な学とも言える「方位学」「方位占い」ですが、先ほどものべましたように、今の科学ではまったく解明できておりません。しかし、これは当たり前だともいえるのです。なぜなら多くの場合、科学の前には常に未知の現象が存在していているからです。その現象を後から解明していくのが科学というものだからです。

要するに、科学は自然界に存在するもろもろの現象を取り上げて、それを体系的に説明していきます。ただ、その対象となる自然現象そのものは、私たちが科学によって認識する前に、それより遥か以前に存在しているわけです。
私たち人間は科学の発展により、多くの自然現象を解明してきました。ただ、そのすべてを解明したというわけではありません。最先端の科学である「素粒子論」でさえ、常に新たな発見が相次ぎ、現在でもそれが更新され続けているのです。ですから、この先どんな自然現象が新たに解明されるのか、誰にも分からないのです。

将来、20世紀初頭になされた、アインシュタイン博士の「相対性理論」のような、革命的な理論が出現するということも十分ありえるのです。

理屈より経験を体感せよ

ですから方位現象のような、現在ではまったく未知のこうした自然現象も、この先かならず解明されていくことでしょう。私も運命論を扱うときに「時間」や「空間」といった、哲学的なテーマとも向き合わねばならないのですが、案外、こうして現代科学から忘れ去られた過去の伝統的知識の中に、現代科学が見落とした重大な法則が秘められているのかもしれません。

要するに、私はこうした方位現象の中にも「空間の本質」を示唆する重大なヒントが隠されていると考えているのです。
時間や空間の哲学的なテーマについては、後ほど機会があれば論じてみようと思います。とにかく確実にいえることは、この不思議な「方位現象」というものが、確かに存在するということです。若い科学者の方、この未知の「方位現象」を研究してみてはいかがでしょうか。空間や時間に関する重大な秘密が分かるかもしれませんよ・・・。


九星気学講座ー通信講座

占いを究める「プロ通信講座」が登場!

1) 
一人の運命鑑定にかかる時間はわずか1分。1分間でその人の性格、才能、能力、適性、適職、気質、体質、価値観、考え方、相性、人間関係を瞬時にリーディング。20年以上の統計から製作された高性能の「運命鑑定ソフト」を使うことで、安定した的中率の高い運命鑑定を実現します。あなたの友人、知人、同僚、上司、ご家族など、どんな人の性格も瞬時に読めます。

九星気学講座―通信講座のご案内2) どんな人の運勢も瞬時にリーディング。今日の運勢、明日の運勢、今月の運勢、来月の運勢、今年の運勢、来年の運勢、3年後の運勢、5年後の運勢、10年後の運勢を瞬時に読み解きます。運勢グラフを採用することで、初心者でも一瞬で運気を判別できます。
あなたの転職、面接、デート、商談、イベントなど、良い日を使えば毎日が「開運」のチャンスです。すぐに使える「開運カレンダー」が付いています。

3) 「占いを究めるプロ通信講座」は、従来の難しい四柱推命の勉強期間をわずか6ヶ月に短縮。
独自開発の「運命鑑定ソフト」を使うことで、初心者の方でも6ヶ月間で、プロ並みの実力を養成します。あなたの運命を変えるチャンスがここにあります。
詳しくは、「占い学校→」のサイトをご覧ください。

バナースペース

琉球占い講座

〒901-0303
沖縄県糸満市兼城581-1-610

TEL 098-995-0730
FAX 098-995-0730