本文へスキップ

琉球占い講座は、琉球四柱推命学校を運営するオフィスファルが提供する無料占い講座です。

TEL. 098-995-0730

〒901-0303 沖縄県糸満市兼城581-1-610

琉球占いの算命学講座HEADLINE

算命学講座

算命学講座その1

算命学の始まりとは

算命学とは、高尾義政氏(1941〜1990)によって創作された、生年月日を使用して個人の運命を占い予測する技法を言います。「算命学」という名称は高尾氏自身によって商標登録されていましたが、現在は所有権が移転しているようです。「算命」とは、本場の中国においては「占い」の類を意味しており、固有の体系を指すものではないようです。ですから、現在の日本で流行っている算命学とは、高尾義政氏によって個人的に確立された運命学といえるのではないでしょうか。

中国政府の文化大革命による古典の弾圧によって、日本に逃れてきた中国人が基礎となる知識を高尾氏に伝えたといわれています。それは算命学の内容から判断すると、中国において子平、八字、命理(日本では四柱推命といわれる)などと同じものと考えることが出来るでしょう。高尾義政氏は、そうした四柱推命の基礎に独自の研究による理論を加えて、一つの新しいジャンルとして体系化しています。


算命学の特徴とは

算命学講座ー算命学の命盤とは四柱推命と算命学の大きく異なる点は、四柱推命のように生まれた時間を使用しないこと、さらに四柱推命の命式を独自の表(システム)として体系化している点でしょう。他にも四柱推命には無い独自の理論と技法を採用しています。算命学のシステム的な特徴は、四柱推命の通変性と12運の要素を、表として簡潔に表現しているところでしょう。

この表は四柱推命の複雑な理論を抜きにして、誰にでも理解できるように工夫されたものです。確かに容易に理解しやすい点では、四柱推命を上回ているかもしれません。四柱推命は複雑で分かりにくい点が欠点といえるでしょう。四柱推命では干支の複雑な要素に惑わされて、判断そのものが間違ってしまうことがよくありますが、シンプルな表を採用しているこの算命学では、その点は有利に働いているといえるでしょう。

算命学のやり方

まず、予め作成された独自の暦を使用して「人体星図」という表と、「陰占宿命」という表を作ります。図は「人体星図」の表ですが、これが生まれ持った宿命を表します。

@ 中心星は、四柱推命でいう元命に相当します。自分自身を表します。
A 第一命星は、配偶者を意味し、中心星との関係によって相性をみます。
B 第二命星は、部下などの目下のものを意味し、中心星との相性をみます。
C 第三命星は、恋人を意味し、中心星との相性をみます。
D 第四命星は、上司などの目上を意味し、中心星との相性をみます。

すべての判断は自分自身である中心星に拠ります。中心星に入る10種の星と周囲の命星に入る星との相性によって、良し悪しを判断していきます。貫策星・石門星・鳳閣星・調舒星・禄存星・司禄星・車き星・牽牛星・龍高星・玉堂星の10種の星(10大主星)を使って、判断していきます。

十大主星とは・・・・10種の意味は以下の通りです。


@ 貫策星(かんさくせい)− 四柱推命の比肩に相当。日干と同じ五行で陰陽が同じもの。自己意識を表す。
A 石門星(せきもんせい)− 四柱推命の劫財に相当。日干と同じ五行で陰陽が異なるもの。影の自己意識。
B 鳳閣星(ほうかくせい)− 四柱推命の食神に相当。日干から生じる五行で陰陽が同じもの。享楽的な感情。
C 調舒星(ちょうじょせい)−四柱推命の傷官に相当。日干から生じる五行で陰陽が異なるもの。攻撃的な感情。
D 禄存星(ろくぞんせい)− 四柱推命の偏財に相当。日干から剋す五行で陰陽が同じもの。身体的な要素。
E 司禄星(しろくせい) − 四柱推命の正財に相当。日干から剋す五行で陰陽が異なるもの。身体的な要素。
F 車き星(しゃきせい)−  四柱推命の偏官に相当。日干を剋する五行で陰陽が同じもの。理性的な要素。
G 牽牛星(けんぎゅうせい)−四柱推命の正官に相当。日干を剋する五行で陰陽が異なるもの。理性的な要素。
H 龍高星(りゅうこうせい)−四柱推命の偏印に相当。日干を生じる五行で陰陽が同じもの。好奇心の知性。
I 玉堂星(ぎょくどうせい)−四柱推命の印授に相当。日干を生じる五行で陰陽が異なるもの。温和な知性。

12大従星とは

次に12大従星という要素を使って、細かな判断をしていきます。12大従星はエネルギーの強弱を意味し、それを12段階に区別したものです。「12大従星」は四柱推命の「12運星」に相当し、天報は胎、天貴は長生、天恍は沐浴、天南は冠帯、天禄は建禄、天将は帝旺、天堂は衰、天胡は病、天極は死、天庫は墓、天馳は絶と同様の意味です。命星の補佐的な役割を果たし、情緒的に作用します。


算命学講座その2

算命学の判断法

算命学の判断の方法は、この人体星図を中心として、陰占宿命、天沖殺、12親干法などの組み合わせで、総合的に判断していきます。このあたりの構成はシンプルであり、理解しやすいように工夫されています。四柱推命にはない、親切な配慮といえるでしょう。占いの理論的なものよりも、「自分の事をすぐに知りたい」という人には向いていると思います。随所に高尾義政の工夫がこらされており、四柱推命より親近感を覚えやすい、という人もいるようです。

算命学は四柱推命の一派なのか?

算命学講座ー算命学=四柱推命か?さて、算命学はその技法は独自のものといえますが、生年月日を使用するところや、命盤などの構造的なもの、また使用している10大主星や12大従星などの象意がまったく同一であるところから、そのルーツは子平、八字、命理(四柱推命)などと同一のものだと考えられます。日本では「四柱推命」の名で知られておりますが、その名は日本で創作されたものですから、あえてこれらものを厳密に区別するのは難しいでしょう。

四柱推命をみても独自の流派が多く存在しており、技術も全く異なるものもありますから、この算命学も四柱推命と同じ起源を持つ、同根とみなすことができると思います。


算命学の起源について

算命学をする人は、その起源を中国の戦国時代(前403〜前221)におき、さらにその創始者として鬼谷子(戦国時代の縦横家)の名をあげます。でも、鬼谷子という人物の姓氏、事跡ともに不明であり、隠棲していた鬼谷(山西省沢州府内)の土地をもって鬼谷というわけですから、実の名前でもないわけです。また、彼が残した資料や文献等もなく、彼が創始者であると確定できるたしかな物はないようです。それは中国の拳法や気功法、占いなどでよく使用される「一子相伝」のルーツでよく挙げられるように、あくまでも伝説的なものであるといえるのではないでしょうか。

算命学の起源は、四柱推命と同じ

算命学講座ー四柱推命の歴史とはですから、算命学の本当の起源を確定できる段階で求めるならば、ほぼ四柱推命と同じ起源に行き着くことになるでしょう。中国の文献で確認出来る範囲では、四柱推命は12世紀に徐子平が現在の形を作り出したとされています。それ以後、徐大升の『淵海子平』、劉伯温の『滴天髄』萬育吾の『三命通会』と発展してきました。これは確認できる資料ですが、それ以前にさかのぼることも今後は考えられますが、現在の時点でそこまでしか確認できないのです。

算命学も四柱推命も、同じ干支暦を使用する

算命学や四柱推命の最大の特徴は、「干支暦」を使用する点にあるでしょう。それが西洋やインドの占星術とは根本的に異なる点です。「干支暦」とは、中国古来の陰陽五行思想に基づいた暦です。この「干支暦」の起源は非常に古く、殷墟からも発掘されているところから、3千年前にその起源をさかのぼることができます。中国ではこの干支暦を王朝の暦として採用し、権威付けられてきました。それは、あらゆることに応用されているものですが、算命学も四柱推命もその占断ベースをこの干支暦に頼っているところに特徴があります。この起源まで含めれば、三千年以上の歴史を持つともいえるのです。

算命学講座その3

算命学と四柱推命の違いについて

四柱推命はその干支を年、月、日、時間と横に並べるシンプルなものです。一方で算命学はその干支暦から作成された命式自体をオリジナルな暦として使用しています。私がやってみた限りでは、星の解釈などに大きな違いはありません。簡潔に言えば算命学は初学者向きであり、わかりやすいように表などを適切に使って、理解しやすいように作られています。たしかに、四柱推命は初心者には理解が困難な箇所も多いのも事実です。

たとえば四柱推命では干支の力量計算や根の作用、大運干支の作用など総合的に判断しなければならないために、基本的な判断ですらよく間違うことがあります。

また、四柱推命では「空亡」や「神殺」などの付随的なものに捉われて、判断自体を大失敗してしまうこともよくあります。私が知っているかぎりでは四柱推命の先生と呼ばれる人でさえ、誤った理解をしている人がいるのが現状なのです。四柱推命がこのような状況ですから、自分の運命をすぐに知りたいと思う人は、システム的に完成している算命学から入ったほうが良いのかもしれません。

算命学の検証―その問題点とは

算命学講座ー干支の力学を読むのが四柱推命さて、確かに算命学は理解しやすいものであり、親切に作られたものですから、運命を概略的に知る物としては便利であり良いものだと思います。しかし、運命学としての多少の問題点があるのも確かなことなのです。それは四柱推命と対比的に比較することで分かるでしょう。一つはそのシンプルな構造ゆえの問題です。

算命学では「人体星図」という表を使用して、実際の判断をしていきます。確かにこの表は分かりやすく、また明瞭ではあります。自分の知りたいことをすぐに調べることが出来るようになっていますので、その点では優秀なものです。しかし、もともとは干支の羅列を表に変換してしまったための、いくつかの問題点が出てくるのです。


それは干支自体を1つの表にして、その表だけにすべての判断を頼っているために、そのベースにある干支自体が持つ、その力学的な関係を読むことができないという点にあります。四柱推命に詳しい方はすぐに分かると思いますが、四柱推命の判断は命式内の干支の並び方とその性質、その配置によって、干と支の力学的な関係を読むことが非常に重要になります。

それは、干支の変化によって解釈が全く変わっていくからです。たとえば、干と干の関係は、その相性によって力量を変化させます。それは相生、相剋、比和の関係から論じなければなりません。つまり、同じ干であっても、配置の仕方によっては力量を変化させるのです。それは地支においても同様でしょう。

また、算命学では生まれた時間(生誕時間)を考慮しませんが、その点も考慮すべき点です。四柱推命は時間の要素を入れることによって、「四柱」といわれるのですが、実際に時間の軸は非常に重要な要素なのです。たとえば時間の軸に、生年・生月・生日に全く無い別の要素が入ることがあるのです。

時間の軸とは、その人の内面的な本質を的確に表しておりますから、算命学でこの要素を無視するのは、あまりにももったいないといえるでしょう。また、これは四柱推命にもいえることですが、実際の時間というのは地域によって時差があり、北海道と沖縄では1時間以上の時差がありますから、時差を補正していない四柱推命も間違った判断をしてしまうことになるのです。

出生時間で判断がまったく違うものになる場合がある

算命学講座ー占星術における生誕時間とはたとえば出生地によって午前0時前後に生まれた場合、地域によっては前日生まれになったり、あるいは後日生まれになったりするのです。正確な判断をしたければ、生誕時間の補正は絶対的な要素といえるでしょう。また、時間の要素によって日干が変化し、まったく別の命式になる人がたまにおります。このような実例も今まで数多く検証してきました。

四柱推命では日干が判断の最重要の要素となりますが、日干が変化すれば命式全体がまったく別のものに変化していますから、四柱推命でも時間を入れないものや時間の補正をしないものは、まったく見当違いの判断をすることがあります。それは生誕時間を入れない算命学も同様かもしれません。
その点は今後、算命学がさらに実証性を向上させていく上での大きな課題になるでしょう。

私はいつも思うのですが、いかなる運命学であっても、それは完全に完成されたものではありません。常に統計的な研究を怠らずに地道な努力を続けていくことで、さらに向上、発展をしていくのではないでしょうか。


算命学講座ー通信講座

占いを究める「プロ通信講座」が登場!

1) 
一人の運命鑑定にかかる時間はわずか1分。1分間でその人の性格、才能、能力、適性、適職、気質、体質、価値観、考え方、相性、人間関係を瞬時にリーディングします。20年以上の統計から製作された「運命鑑定ソフト」を使えば、どんな人も正確、スピーディーに鑑定。あなたの友人、知人、同僚、上司、ご家族など、どんな人の性格も瞬時に読めます

算命学講座―通信講座の案内2) どんな人の運勢も瞬時にリーディング可能。今日の運勢、明日の運勢、今月の運勢、来月の運勢、今年の運勢、来年の運勢、3年後の運勢、5年後の運勢、10年後の運勢を瞬時に読み解きます。周期グラフの採用によって、ビジュアルで運気がすぐに判明します。
あなたの転職、面接、デート、商談、イベントなど、良い日を使えば毎日が「開運」のチャンスです。すぐに使える「開運カレンダー」が付いています。

3) 「占いを究めるプロ通信講座」は、従来の勉強期間をわずか6ヶ月に短縮(最短3ヶ月)。独自開発の「運命鑑定ソフト」を使うことで、初心者の方でも短期間でプロ並みの実力がみにつきます。
あなたの運命を変えるチャンスがここにあります。
詳しくは、
「→占い学校」のサイトをご覧ください

バナースペース

琉球占い講座

〒901-0303
沖縄県糸満市兼城581-1-610

TEL 098-995-0730
FAX 098-995-0730