本文へスキップ

琉球占い講座は、琉球四柱推命学校を運営するオフィスファルが提供する無料占い講座です。

TEL. 098-995-0730

〒901-0303 沖縄県糸満市兼城581-1-610

琉球占いの姓名判断講座HEADLINE

姓名判断講座


姓名判断講座その1

姓名判断は日本独自の占い

現在、日本において流行している占い・運命学の中で、常にスタンダードな位置を保っているのが、「姓名判断」による占いです。占いという言葉を聞いて「姓名判断」を連想する人も多いでしょう。日本では占い=姓名判断という図式が成り立つようです。なぜでしょうか。ちなみに、外国では日本のような姓名判断は普及していません。姓名判断が普及した最も大きな理由は、昭和の初期に活躍した姓名判断の創始者である人物−熊崎建翁氏によるところが大きいようです。

姓名判断とは

姓名判断とは名前の字画を数えて、その人の「性格」や「運勢」を判断できるとする占いです。誰でも一度や二度は聞いたことがあるでしょう。日本では熊崎氏によって昭和の初期に爆発的な流行があり、さらに戦後のベビーブームに乗じて広がっていきました。現在、どこの本屋さんにいっても姓名判断の本が占いコーナーにたくさん並んでいます。

姓名判断は当たるのか

姓名判断講座ー姓名判断とはその点から単純に、姓名判断が占いとしての信憑性があると考えがちです。しかし、それは違います。占いとしての信憑性は、厳密に統計的な面からの検証をしなければなりません。でも、ある人はこう言うでしょう。「なぜ、姓名判断の本がこんなに数多く出回っているのか?」「それは当たるからはやっているのだ!」

運命学の愛好者にも、そのように主張する人がいます。単純に流行っているという理由だけで、「占いとしての信用性がある」と考える人もいることでしょう。つまり、「占いとして当たるからこそ、本が多く売れているのだ」と考える人も多いのです。しかし、売れていることと、その中身は必ずしも比例しないこともあります。なぜなら、売れるにはそれに相当する理由があるからです

姓名判断が流行る理由とは

なぜ、姓名判断の本は売れ続けるのでしょうか。そして姓名判断が占いとして、常にスタンダードな位置を保っているのは、なぜでしょうか。その理由は主に2つあると考えられます。1つは目は、毎年、生まれてくる赤ちゃんの名づけに利用されているという理由です。そのために、常に姓名判断の需要があるということです。

姓名判断講座ー姓名判断は当たる現在、日本では毎年100万人以上の赤ちゃんが生まれてきます。親であれば、誰でも生まれてきた我が子の幸せを願うことでしょう。そうした親たちの切ない願いが、この姓名判断による占いを持続させているのです。

2つ目は、この日本という国が印鑑天国であるということに関係していると思われます。多くの人が経験していると思いますが、姓名判断をして名前の画数が悪いと、なぜか「印鑑の購入」を促されることがあるのです。その理由は、「印鑑によって名前の悪い点を補う」という発想法なのでしょう。

たしかに、印鑑の存在は重要であると思います。文書などに使用する際は、簡単に偽造されないような工夫も必要でしょう。しかし、「開運」という名の下に売られる印鑑には疑問を感じるのです。果たして印鑑そのものに、本当に個人の運命の良し悪しを変えるような、何らかの霊力が宿っているのでしょうか。

まずは、その点から考えて見なければならないでしょう。それが、お守りのようなものだと言われれば、それは何も印鑑でなくとも、霊験豊かな神社のお守りでも代用できるのではないでしょうか。姓名判断とは何でしょうか。現在、占いにおいて常にスタンダードな位置を占めている姓名判断の起源を探り、運命学、占いとしての価値を検証してみましょう。

姓名判断講座その2

姓名判断の歴史とは

日本中で使われている姓名判断の大本になっているが、昭和初期に活躍した熊崎健翁(1881〜1961)という人の創り出した、「五聖閣流」という判断法です。熊崎氏はもともと時事新報社という新聞社の記者でしたが、運命学に興味を持ち、独自に易学、推命学(四柱推命)、骨相学、観相学、家相学などを研究していたようです。熊崎健翁が数十年にわたる研究の成果を、昭和4年に雑誌『主婦の友』の付録として発表すると、これが大きな反響をよびます。ついで同年5月に実業の日本社より『姓名の神秘』を刊行します。これも爆発的な反響があり、熊崎式姓名判断は急速に全国に広がっていきました。

熊崎式の姓名判断を創始する

その反響を姉妹版として出版した『運命の神秘』において、「無断で熊崎の高弟を詐称し、全国各地を徘徊する不正漢が続出している」ことを熊崎健翁ご自身が嘆いています。熊崎健翁の姓名判断以前にも、姓名で吉凶を判定する姓名判断がすでに存在していたようです。熊崎氏が著書のなかでたびたび批判している従来の姓名判断にも、姓名の意義、陰陽の配置、音霊音質、天地五行、数理の霊導という考え方があったようです。現在主流となっている熊崎式は、これらをベースにして独自に改良、応用したものと考えられます。

熊崎式の姓名判断とは

熊崎氏自身が著書で述べているところによると、熊崎式姓名判断の特徴は以下の点です。

1)天人地の三才を使用する。
2)五格剖象法を使用する。
3)康煕字典を使用する。

現在主流となっている、一般的におなじみの姓名判断は、ほぼ熊崎健翁氏が創出したものといえるでしょう。


姓名判断のやり方

姓を天画、姓+名を人画、名前を地画といいます。天格と地格の対になる数を加算したものを外格、すべてを合計したものを総格とします。名前をこれら5つの格に分解して、総合的に姓名の良否を判定します。ちなみに、現在は旧字体を使わずに、新字体の省略された文字で判断する方法が主流になっているようですが、本来の熊崎式は『康煕字典』に準拠して、旧字体で姓名の画数を教えるようです。

姓名は運命に影響するのか?

姓名判断講座ー熊崎健翁の『運命の神秘』そして名前の全体的な画数の吉凶から、その人の運命が読めると考えます。ただ、熊崎健翁の著書を詳しく読んでみると、熊崎健翁は「たとえ同姓同名であっても、同じ運命になることはない」と述べています。

では、名前の吉凶とは何か、という疑問が浮かんでくるでしょう。熊崎健翁の説明によれば、姓名の画数には運命を誘導する「誘導力」があることを述べています。つまり、催眠術師が被験者を言葉によって誘導するように、人の名前の中にもそうした作用があり、知らず知らずのうちに名前に即した運命をたどることになる、というわけです。熊崎健翁氏の著書は大ベストセラーになっただけはあり、現代に読んでも、非常に面白く読める体裁になっています。

80年たった今でも面白く読める本は、そうあるものではありません。内容は自説の根拠と説明に終始していますが、この本を読む人は、熊崎健翁の大いなる自信と説得力に、大きく感化されてしまうことでしょう。


姓名判断は天格、人格、地格、総格、外格を使用する

さて、現在主流の姓名判断の概観は、下記のようになります。まず、姓名を5つの格に分類します。

1) 天格・・・・姓の文字をあわせた数。姓は祖先伝来のもので、人格の数に大きな影響を与えるために、成功運や向上運を見る箇所となる。

2)人格・・・・姓の下の文字と名の上の文字をあわせた数。姓名判断をする際は、真っ先に見る箇所。その人の中心的な運命がわかり、性格などもは把握できる。一生を通じて根本的に運命を左右する。

3)地格・・・・名の文字をあわせた数。中年前の運命を見る箇所。しかし、多の格との関連で生涯にわたり影響を及ぼす。
4)総格・・・・姓名のすべての文字を合わせた数。中年以後、晩年にいたる運命を見る。後運ともいう。

5)外格・・・・総画の中から人格を抜き去った画数。主運についで大事な格。副運ともいう。

5つの姓名の画数を霊数表と比較する

姓名判断講座その3

実際に名前の吉凶を判断する際は、最初に姓名を上記の五格に分解し、それぞれの画数を算出します。ついで、それぞれの格の吉凶をみていきます。その際に数の吉凶を記した「霊数」を参考にします。霊数とは1〜81画までの画数の吉凶を記した数で、熊崎氏が創出したもののようです。

熊崎健翁は、自身の著書のなかで「数は万物の根源であって、いかなるものも数の支配を免れることはできない」と述べています。そして数の基本は、1から9までの基数であるところから、宇宙の万有は9と9の交錯する81の画数に収まる、と考えたようです。熊崎健翁氏の考え方によると、数のなかで特に重要なのは1から9までの基数となり、その解釈を易学の知識を応用して考え出したようです。熊崎氏によると、数の意味と吉凶は、以下のようになります。

姓名判断における画数の意味とは

〔姓名判断の画数の意味と吉凶〕

※熊崎氏の解釈によると(熊崎氏の著作より抜粋)・・・

1の数字の意味・・この数は始める、収めるの意味があり、物事が始まるところから独立、健全、発達、富貴、名誉の解釈となる。

2の数字の意味・・2という数字は、1を二つ合わせた数であり、あわせ物は離れ物というごとく、分離、不具、不完、不徹底の意味となる。

3の数字の意味・・1の陽と2の陰が合して、成形確定の数となる。安定しているところから権威、福徳、才知、富貴となる。

4の数字の意味・・分離不完の2の数字を二つをあわせた数であり、その意味からすると破壊滅裂、困難、逆境、破滅となる。

5の数字の意味・・2の陰、3の陽があわさって成立した数であるから、福寿、円満、繁栄、栄誉となる。

6の数字の意味・・3と3の合数が6である。3の知徳の意味もあるが、陽どうしの組み合わせなので和を欠き、26以下の数では波乱となる。

7の数字の意味・・5の盛運と2の破運、3の陽数と4の破滅運の合なので、万難突破の気力、頑強不和の数となる。

8の数字の意味・・5の盛運と3の知力、4の破滅数を重ねた数が8である。混ざり合って鉄石の意志の勇気・気力となる。

9の数字の意味・・奇数の最後の数字で知力、才能あるも、一歩進めば10の空虚数であることから孤独、不運となる。

10の数字の意味・・数の終わりであり、陰の極にして一切の空漠0を含み、その暗示から大凶。もっとも忌むべき数となる。

姓名判断の画数は旧字体で判断する

11以後の数は、ほぼ1〜10までの繰り返しが多いのですが、途中で若干の変化を加えています。たとえば4画は破壊滅裂の数ですが、24画では「無一物より大功を奏する吉祥運」となっています。漢字の画数は旧字体の『康煕字典』に則ってなされます。

最初に五つの格(天格・人格・地格・総格・外格)の画数を出し、それぞれを霊数とあわせて吉凶をだします。簡単なので、初心者でも取り組みやすいでしょう。しかし、他にも天格と人格、人格と地格の関係などをみなければなりません。熊崎氏は、画数だけで判断はできないといいます。それぞれの画数が良くても、隣り合う格の相性が悪ければ良いとはいえない、と述べています。

隣り合う格どうしの良し悪しの判定は、主に画数を五行(十干)に変換して行っているようです。そこから合理的に判断すると、最初の1〜10の数も、おそらく五行(十干)と関係付けて、発想したものと推測できます。

 姓名判断講座その4

姓名判断の画数の根拠、霊数とは何か

〔姓名判断・霊数の検証〕

「霊数の意味」をお持ちの方は、それを見てください。まず、大事なのはここです。霊数の最初の数字「1〜10」の意味に着目して下さい。易学の多少の知識がある人ならば、「1〜10」までの10個の要素と考えれば、すぐ気付くと思いますが、そう、これは十干の象意そのものなのです。つまり、こういう図式になるでしょう。

・甲(きのえ)=1画
・乙(きのと)=2画
・丙(ひのえ)=3画
・丁(ひのと)=4画
・戊(つちのえ)=5画
・己(つちのと)=6画
・庚(かのえ)=7画
・辛(かのと)=8画
・壬(みずのえ)=9画
・癸(みずのと)=10画

十干である甲から癸までの10種類を、「1〜10」の数字・画数に当てはめるのです。十干の意味を知っている人は、「霊数」に記されている意味と、十干の象意がほぼ同じであることに気づくでしょう。そして、11以降の数字は「1〜10」画と同様に、同じパターンを繰り返しているようです。以下に十干の意味を大まかに記します。

姓名判断の根拠となる十干とは

〔十干の意味〕
・甲=大木のイメージ=剛直、豪胆、実直さ、まっすぐさ、力強さ、実行力
・乙=草花のイメージ=柔軟、繊細、ひ弱さ、したたかさ、可憐さ
・丙=太陽のイメージ=陽気、快活、明るさ、明朗、派手さ
・丁=灯火のイメージ=明るさ、ひた向きさ、情熱、魅力
・戊=山脈のイメージ=雄大さ、不動性、信用性、自信、信頼
・己=田畑のイメージ=信用、信頼、確実性、約束、正直さ
・庚=鉱脈のイメージ=硬さ、鋼鉄、義理、強さ、鋭さ
・辛=宝石のイメージ=高貴さ、気位、プライド、気品、硬さ
・壬=大河のイメージ=水、海、柔軟さ、臨機応変、知恵、情、流されやすさ、性
・癸=雨天のイメージ=水、性、情緒、感情、柔弱さ、流されやすさ、脆さ、弱さ

霊数」の大体のパターンというのは、1=吉、2=凶、3=吉、4=凶、5と6=吉、7と8=吉凶、9と10=凶としているようです。これを十干の意味と対照してみると、面白い事が分かるのです。つまり、

1=甲はまっすぐに伸びるという性質から吉である。
2=乙は柔弱にして繊細であるから凶。
3=丙は陽性の輝きであるから吉。
4=丁は陰性火であり凶。
5・6=戊・己は土の性質から信頼と安定感があり吉。
7・8=庚・辛は金の知力や意思の強さから吉と凶の両意。
9・10=壬・癸は水の性質から周囲に流されやすく怠情になりやすいから凶。

と、なるのです。この易学的な十干の象意と、先の1〜10の独自の解釈を統合して、熊崎氏は数の吉凶を考え出したと思われます。つまり反対にいえば、姓名判断のもとになる霊数とは、姓名学の統計的な数字というよりも、最初に数字の吉凶じたいが定めらていると考えられるのです。それも検証の対象となりますが、それよりも根底にある十干の思想じたいにも大きな問題があるように感じられるのです。

 姓名判断講座その5

十干は姓名判断とどう関係するのか

確かに1〜10の数字と、十干の意味するものは同じ象意になるでしょう。なぜなら、1から10の数字(10進法)とは、もともと十干の象意を表したものと考えられるからです。なぜ、人間の指は10本なのでしょうか。その謎は簡単に解けるものではありませんが、そこに古代の知識人は着目したのかもしれません。昔は抽象化された数字の変わりに、十干を使用していたようです。そこから考えても1から10の数と、十干はおなじものと考えても間違いではないでしょう。

十干は占星学的な実在する原理である

姓名判断講座ー十干とは何かしかし、四柱推命などを研究される人には分かると思いますが、この十干というものは、大自然を構成する自然学的な発想法から作られてきた思想であって、十干が人工的な文字などに関わるかどうかは分かりません。要するには、十干じたいが大自然の原理の一部なのです。

つまり、十干とは単なる文字や思想ではなく、また人間が生み出したものでもない、大自然のなかで形成された原理なのです。ですから、人工的に形成できるものではありませんし、また単なる古代人の想像の産物でもありません。十干はたしかに自然界の原理として存在しているのです。

十干じたいに吉凶は存在しない

ただ、易学的な発想法からすれば、この十干が単独に存在するということはありません。実際には、多くの元素的な干が無数に交錯し、複合的な現象を作り出していると考えられます。ですから、干と干の配列から、相性、相克、比和といった五行の観点から、干の吉凶は決定しなければならないのです。要するに、易学的な発想法を根底にすると、十干自体に吉凶というものはないのです。

十干の吉凶はその関係性において発生する

つまり、十干同士の交流において、吉凶が発生してくるのです。ですから、そうした易学的な発想法を基礎にしますと、数字自体にも吉凶は存在しないことになるでしょう。十干という概念は、中国の陰陽五行思想のもとに作られてきた思想です。この思想は中国思想の根幹を成し、あらゆるところにその影響が認められます。

気功法や鍼灸、東洋医学、あらゆる東洋の占い、暦など、その影響は至るところに見られるものです。『易経』は、この思想の中核をなすものですが、その発想法じたいは、本来的に自然学的なものから出ているのです。それは「時間や空間を支配するもの」とも言えるでしょう。ですから、その一部である十干も「自然界に存在するもの」と考えざるを得ません。

十干は人工的に作り出せないもの

要するに、人がそれを作りだすことはできませんし、また加工したり、修正したりすることもできないのです。ですから、人工的に生み出された姓名の画数の中に、こうした十干的な作用があるのかと言われれば、私は大きな疑問を感じざるを得ないのです。これは易学などを学んだ人には、すぐに分かる理屈でしょう。数字のもとになっていると考えられる、十干がどのようなものか、その理論を詳しく学びたい人は、四柱推命などの干支学を詳しく勉強することをお勧めします。

 姓名判断講座その6

姓名に秘められた意味とは

では、「名前の中に秘められたものは全くないのか」ということになるでしょう。現在の私の考えでは、名前の画数ではなく、名前の音、つまり呼び音に何らかの秘密が隠されていると考えています。たとえば、赤ちゃんを観察すると分かると思いますが、人は文字を書く前に、まず言葉としての声、つまり「音」を発するのです。つまり、「文字以前に音がある」のです。

音は人間の心に大きな影響を及ぼす

文字というのは、あくまでその音を残すために、人為的に創り出したものです。つまり、完全に人工的なものといえます。しかし、音はそうではありません。音は文字と違い、自然界が生み出したものなのです。 音は真言(マントラ)や言霊(神道)とも言われるように、ある種の力を持った波動であり、実在のエネルギーだと考えられます。たとえば、この「音」のバイブレーションには様々パターンが存在することは、この「音」自体を見事に組織した、音楽などを聞けば一耳瞭然でしょう。

音楽は様々な心境を作り出す

音楽は、実に多種多様な状態、つまり「歓び」「悲しみ」「苦しみ」「楽しみ」「希望」「夢」など、無限のイメージを的確に表現することができます。それは理屈ではありませんし、思考で理解できるものでもありません。なぜ音楽を聴いて感動するのか、誰にもわからないでしょう。

音は7つの音階(ドレミファソラシド)に分解されますが、なぜ音の配列が人を感動させるのかは、どんなに考えても理屈では割り切れないのです。それは「音自体に生命的な作用がある」と、いうことを示唆しているようにも思えます。
つまり、「音」とは自然界に存在する、何らかのエネルギーなのです。それを証明するような事実があります。たとえば近年、野菜や花の飼育に、クラシック音楽を使って効果を挙げているという話をよく耳にします。耳を持たない植物に、どうして音楽の素晴らしさが理解できるのでしょうか。

音は宇宙的なエネルギーである

音とは理屈ではないのです。また文字のように、人為的に創り出したものでもありません。ある宗教的な秘法では、「音は宇宙創造の原理」にたとえられています。つまり、「音」にある種の霊力が宿っているのは否定できないのです。
ですから、名前を呼ぶときに、「音」の持つバイブレーションが、その人に何らかの影響を与える、ということは十分にありえるのです。

姓名判断の画数にこだわるよりも・・

たとえば、その「音」のバイブレーションとその人自身の波長が合わなければ、その人の運気を弱めるということも考えられますし、その反対に波長があっていれば、その人の運気を助ける、ということも考えられるのです。しかし、そうした原理を発見し実用化するまでは、まだしばらくかかるでしょう。現在の段階で言えることは、画数のみを重視する姓名判断をすべて鵜呑みにして、誰も読めないような名前を付けたり、画数を無理やり合わせて変な名前をつけるよりも、読みやすく、呼びやすく、また、皆から親しまれるような、名前の付け方をしたほうがよいと私は思うのです。

姓名判断講座ー通信講座

占いを究める「プロ通信講座」が登場!

1)
 一人の運命鑑定にかかる時間はわずか1分。1分間でその人の性格、才能、能力、適性、適職、気質、体質、価値観、考え方、相性、人間関係を瞬時にリーディングできます。20年以上の統計から製作された独自開発の「運命鑑定ソフト」を使うことで、的中率の高い安定した運命鑑定が可能です。あなたの友人、知人、同僚、上司、ご家族など、どんな人の性格も瞬時に読めます。

2) どんな人の運勢も瞬時にリーディング。今日の運勢、明日の運勢、今月の運勢、来月の運勢、今年の運勢、来年の運勢、3年後の運勢、5年後の運勢、10年後の運勢を瞬時に読み解きます。ビジュアルグラフの採用で、初心者でも一目で運気を判断できます。
あなたの転職、面接、デート、商談、イベントなど、良い日を使えば毎日が「開運」のチャンスです。すぐに使える「開運カレンダー」が付いています。

3) 「占いを究めるプロ通信講座」は、従来の難しい四柱推命の勉強期間をわずか6ヶ月に短縮(最短3ヶ月)。独自開発の「運命分析ソフト」を使うことで、初心者の方でも短期間でプロ並みの実力を養成します。あなたの運命を変えるチャンスがここにあります。
詳しくは、
「占い学校→」のサイトをご覧ください。




バナースペース

琉球占い講座

〒901-0303
沖縄県糸満市兼城581-1-610

TEL 098-995-0730
FAX 098-995-0730