本文へスキップ

琉球占い講座は、琉球四柱推命学校を運営するオフィスファルが提供する無料占い講座です。

TEL. 098-995-0730

〒901-0303 沖縄県糸満市兼城581-1-610

琉球占いの西洋占星術講座HEADLINE

西洋占星術講座

西洋占星術講座その1

西洋占星術は長い歴史を持つ

西洋占星術は非常に長い歴史を持っています。西洋占星術はもともとは古代バビロニアにおいて発生したといわれます。そして古代矢中世においては天文学という科学でもありました。西洋占星術にはさまざまな歴史上の著名な学者、たとえばプトレマイオス、ティコブラーエ、ケプラーなど、有名人、著名人がその研究に参加してきたという流れを持っています。

ケプラーは惑星の軌道を計算した科学者として有名ですが、もともとは占星術師でもありました。ケプラーは面白い人物で、「天文学は賢い母だ。占星術は愚かなその娘だ。だが、母親にとって生活費を稼いでくれる娘が必要だった」と述べています。ケプラーは西洋占星術を信頼していましたが、それを世俗のために使うのがガマンならなかったのかもしれません。

西洋占星術の現状とは

西洋占星術は天文学が発展すると、徐々に科学の世界から切り離されていきます。天文学から分離すると一時はかなり衰退し、占術としての独自の険しい道を歩むことを余儀なくされました。しかし、現在に至るまでに様々な右余曲折を経て、西洋占星術は発展してきました。西洋占星術は現在でも各団体によって盛んに研究され続けておりますが、それは西洋占星術が何らかの信用に値するものを持っているからなのでしょう。


西洋占星術の基本的な考え方

西洋占星術講座1ーホロスコープ占星術とは、個人の誕生した瞬間の星の配置を読むことによって、個人の運命を予測する技術といえます。個人が生まれたときの天体をホロスコープに写し取り、その配置の良し悪しを分析していきます。簡潔に言えば、その星の配置がよければ安定した運命となり、星の配置が悪ければ不安定な運命と予測します。しかし、占いに懐疑的な人は「どうして星の配置から人間の運命が読めるのか」と疑問に思うことでしょう。その答えをルネッサンス時代の医者であり、医化学の祖で科学者でもあったパラケルスス(1493−1541)は、こう述べています。

「天とはすなわち人間であり、人間とはすなわち天である。すべての人間が一つの天であり、天はただ一人の人間なのだ。」

パラケルススにいわせれば、人間と宇宙は常につながっており、切り離すことはできない。人間とは宇宙を写し取った「小宇宙」なのだ、というわけです。

西洋占星術の起源とは

西洋占星術に関する現存する最古の記録は、西アジアのチグリス・ユーフラテス川の下流域に起こったバビロニア帝国のものだとされます。この文明は紀元前3千年頃に存在し、「世界最古の文明」といわれるように、文学、天文学、法典の整備など、知の開けた文明国としての体制を整えておりました。占星術はその文明国の特権階級にあった神官達によって研究され、常にそうであるように、王朝体制の維持に利用されてきたようです(中国の四柱推命も同様な歴史をたどりました)。

バビロニアで占星術が誕生する

西洋占星術講座2ー起源とはただし、その起源はあくまで現存する文献等の証拠によって確認されたものだけですから、実際のその起源というのは断定することはできません。もっと古い時代にさかのぼる可能性もあるわけです。バビロニアでは黄道12宮を制定し、そこに入る太陽、月、他の惑星の意味を読み取る、いわば現代の占星術のベースが築かれました。ただ、現在のように精密なものではなく、かなり大雑把なものだったのかもしれません。

12星座も今のものとは異なっていたようです。バビロニアの崩壊後、占星術はヨーロッパ、北アフリカに広がっていきました。さて、このバビロニアで発達した占星術は、紀元前3世紀頃に西洋世界のギリシャに伝えられます。それ以前から哲学や自然科学の盛んであったギリシャの地は、占星術にとってうってつけの地であったことでしょう。知的好奇心の強かったギリシャ人は占星術におおいに興味を持ち、その歴史に新たな展開を加えました。

ギリシャで発展した西洋占星術

ギリシャにおいて、西洋占星術は主に個人の運命を占う技術として発展し、これまでになかった精致な理論を整備していきます。ホロスコープはギリシャ語の「ホーロスコポス」を意味し、誕生時に東の地平線上を上昇していた宮のことをさします。この上昇宮から12のハウスが分割されます。ハウスとは室のことで、つまり星の宿る部屋という意味です。12のハウスにはそれぞれの意味があり、そこに入った星の意味を解釈することから占星術は成り立っています。古代バビロニアの占星術にハウスシステムを加え、現代の占星術の原型を作り出したのがギリシャ人だったのです。

西洋占星術を体系化したプトレマイオス

ギリシャの中でも紀元2世紀に出現した天文学、数学、地理学に精通していたプトレマイオス(英語名=トレミー)は、西洋占星術の古典テキストともいえる『テトラビブロス』を著し、西洋占星学の基礎を体系化します。しかし、その当時においてプトレマイオス以降の目立った発展はありませんでした。また、キリスト教などの宗教の時代がやってきたために、西洋占星学も迷信として弾圧され、それ以降のルネッサンス期に至るまで研究がほとんど停滞します。こうした時代的な傾向は、西洋だけでなく東洋においても同様でした。

中国などでも王朝体制が変わるたびに、宗教の扱いが変わり、時には運命学や占いなども迷信として排除され、時には弾圧されたりもしました。王朝の歴史変革は宗教の歴史変革でもあったのです。

西洋占星術の復興期とは

西洋占星術はその後16〜17世紀になって、予言者としても名高いフランスのノストラダムス(1503〜1566)や、イギリスのウィリアム・リリー(1602〜1681)が出現して、ふたたび脚光をあびます。また近代においては、イギリスの神智学徒でもあるアラン・レオ(1860〜1917)が出て大著を著し、占星学を現代流に再編しました。この流れは現代においても続けられており、世界的に多くの研究家を生み出し、現在に至るまでその研究が続けられております。

西洋占星術講座その2

西洋占星術の基本

西洋占星術による占いの基礎となるものは個人の生年月日、生まれた時間、およびその生誕の場所です。西洋占星術では出生時の天体の配置が人間に影響を与えると考え、ホロスコープに生まれた瞬間の天体の配置を書き込んで、その人の運命を予測していきます。西洋占星術で使われるのは、主に以下の天体です。

西洋占星術のやり方

西洋占星術で使われるのは、以下の天体の主要な天体です。

1)太陽・・・・最も重要な星。太陽が象徴するのは男性的な自我。父性、明るい意識など。
2)月・・・・・・感受性を表す。女性的な資質であり母親の象徴。母性。暗い意識。
3)水星・・・・太陽に最も近い星。早く回転するので機敏さ、頭の回転、メッセンジャー、商業的な能力。
4)金星・・・・美の女神。女性的な美しさを表し、恋愛、愛情をつかさどる。学問や芸術にも関連する。
5)火星・・・・赤い色から鉄と血を連想させる戦争の星。男性的な闘争心を司る。攻撃性、闘争本能を表す。
6)木星・・・・厳しい教師。白く輝く天界の最高神、ゼウス。木星は社会的な立場や貢献度を示す。
7)土星・・・・暗く鈍い意識、作用。動きが遅く、運命的な困難、シャドウ、障害を示す。

※ 近年はこれらの伝統的な星に加えて、天王星、海王星、冥王星なども判断材料とする。

西洋占星術で使用する星座

西洋占星術では、星が入る星座によってその意味を読み取ります。星座は以下の12星座です。春分点を起点とし、天空を360度に展開して、30度ずつ星座を当てはめていきます。12の星座には以下の意味があります。

1) おひつじ座・・・・男性的な星座。活動性。火のエレメントを持つ。
2) おうし座・・・・・・女性的な星座。不動性。地のエレメントを持つ。
3) ふたご座・・・・・男性的な星座。柔軟性。風のエレメントを持つ。
4) かに座・・・・・・・女性的な星座。活動性。水のエレメントを持つ。
5) しし座・・・・・・・・男性的な星座。不動性。火のエレメントを持つ。
6) おとめ座・・・・・女性的な星座。柔軟性。地のエレメントを持つ。
7) てんびん座・・・男性的な星座。活動性。風のエレメントを持つ。
8) さそり座・・・・・・女性的な星座。不動性。水のエレメントを持つ。
9) いて座・・・・・・・男性的な星座。柔軟性。火のエレメントを持つ。
10) やぎ座・・・・・・・女性的な星座。活動性。地のエレメントを持つ。
11) みずがめ座・・男性的な星座。不動性。風のエレメントを持つ。
12) うお座・・・・・・・女性的な星座。柔軟性。水のエレメントを持つ。

西洋占星術のホロスコープ作成法

西洋占星術でホロスコープを作成する場合は、正確な出生時刻が必要であり、出生の瞬間に天体の配置がどのようになっていたかを計算します。たいていの場合、エフェメリスと呼ばれる「占星天文暦」を使用しますが、かつての西洋占星術師たちは、ホロスコープを作成する際には天空を仰いで実際の天体を計算していたといいます。しかし、惑星の動きが計算によって求められるようになると、天文暦が作成されるようになります。

まず、天文暦から自分の生まれた生年月日の箇所にある天体を探します。太陽の位置、月の位置、水星、金星、火星の位置をホロスコープに記入します。次に木星、土星を記入していきます。それぞれに度数も記入します。次にアスペクトと呼ばれる星どうしの角度をみます。

西洋占星術のアスペクトとは

西洋占星術のアスペクトとは中心となる地球をはさんで、星が作る角度のことです。アスペクトの角度の良し悪しで、星の意味が変化します。現在のようなアスペクト理論をつくったのはケプラーといわれます。以下がアスペクトの基本的な意味です。

アスペクト0度.....コンジャンクション(合)星が重なり合う状態。互いの星で力が強まる。
アスペクト180度...オポジション(衝)星が正反対に位置する状態。反発力、緊張を意味する。
アスペクト120度..トライン(三合)星が三角形を形成する状態。安定性、調和を意味する。

アスペクト90度......スクエア(矩)星が四角形を形成する状態。互いの力がぶつかり合い合う。
アスペクト60度.....セクステル(六分)星が六角形を形成する状態。安定の意味がある。

最後に出生時刻を地方恒星時(つまり時差を計算する)に直し、アセンダントを求めて12ハウスに分割します。アセンダントは生誕の瞬間に東の地平線上に上っていた宮のこと。占星術ではこれをとても重要視します。ハウスはいわば占星術解釈の要。12ハウスにどのような星が入るかでその解釈をしていきます。

西洋占星術のハウスとは

1) 第1ハウス・・・・・自分自身の室。与えられた環境、ものの見方を示す。
2) 第2ハウス・・・・・経済的な価値、金銭の室。物質、所有する富や財産を示す。
3) 第3ハウス・・・・・知的な能力、対人的なコミュニケーション力、言語能力、文章力。
4) 第4ハウス・・・・・住居と生活環境。家庭の室。母親、両親、祖父母、家庭、故郷。
5) 第5ハウス・・・・・創造の室。プライベートな生活、恋愛、子供にも関係する。
6) 第6ハウス・・・・・肉体と健康、責任と義務などの労働に関係する室。
7) 第7ハウス・・・・・人間関係の室。結婚やパートナーシップを表す。
8) 第8ハウス・・・・・先祖から受け継ぐもの。精神的な価値観、遺産など。
9) 第9ハウス・・・・・哲学、宗教、教育などを表す。魂的な価値のあるもの。
10) 第10ハウス・・・・・転職、地位、野心の室。生涯をかける業績とその使命など。
11) 第11ハウス・・・・・価値を同じくする人。組織を通じての理想。未来の理想など。
12) 第12ハウス・・・・・秘密、カルマなどの宿命的なもの。潜在的なものをみる。

西洋占星術講座その3

西洋占星術のホロスコープの読み方について

西洋占星術講座4ーやり方とは西洋占星術で実際にホロスコープを読む場合、総合的に上記の解釈を組み立てる必要があります。まず、各天体の外向性、内向性、およびサインの3要素を調べます。次に地・水・火・風の4素子、各天体の支配星とサインの検討をして、天体同士の作るトライン、セクスタイル、スクエア、オポジションやコンジャンクションなどをオーブの幅を考慮しながら考えていきます。

そして天体とサインとハウスの関係のバランスを見て総合的な判読を下します。
実際に慣れるまでは複雑に感じますが、今は精度のよいパソコンソフトなどもでていますので、その解釈等も参考にするとよいでしょう。解釈が自分でできるまでには、それなりの時間がかかりますが、解釈ができるようになると占星術の面白みがわかってくるかもしれません。

占星術のフリーサイズ効果に注意

実際に、西洋占星術はよくできた運命学といえます。それなりに理論も技術も整っており、また理屈的にも納得できる体系があります。ただ、東洋の紫微斗数と同じように解釈の幅を広げていき、それに多様性をもたせすぎると、どのようにも解釈できる占いの「フリーサイズ効果」となってしまう可能性があるから気をつけねばなりません。

たとえば、自分に都合のよい情報だけをひろってくることも簡単にできてしまうのです。実際にその判断を実生活に応用する場合は、こうした解釈に走らないように十分に注意する必要が在るでしょう。

占星術を検証する

西洋占星術の計算には時間と手間のかかるものですが、それだけに恋愛問題から病気や適性、適職、才能や能力などに至るまで、広範囲な問題に対応できるとされます。西洋占星学は確かに現在ある運命学や占いの中では最も長い歴史があり、かつ最も整備体系化されたものだと言えるでしょう。しかし、西洋占星学の占いに懐疑的な人の多くが、「なぜ天体の配置が自分の運命と関わっているのか」という疑問を持っているようです。ここでは西洋占星学に関する技術云々の検証よりも、まずこのテーマを取り上げてみましょう。

西洋占星術講座その4

占星術(四柱推命・インド・西洋)は、最も良く当たる占術である!

実際、数多くある運命学や占いの中で、占星術(四柱推命・インド・西洋)はよく的中すると言われます。それは事実だと思います。それは精密な技術によって裏付けられたものだからでしょう。しかし、占星術に懐疑的な人々が多くいます。こうした人々の疑問には、まだ占星術は答えておりません。これは西洋占星術だけでの問題ではなく、インド占星術や四柱推命にもいえる問題でしょう。

ただ、それがよく的中するというだけでは、なかなか信頼性は得られません。また、科学としても認められないでしょう。現代の西洋占星学者の中には、この西洋占星学を再び科学として立脚させようと試みる人もおります。それにはまず、最初にこうした疑問を真に捉えて、その解答を仮説的でもよいから提示すべきでしょう。それは主として、現代科学との接点を見つけるためです。こうしたプロセスは占星学が科学として認められるためには、どうしても避けて通れないプロセスともいえます


星と人間の潜在意識がシンクロしている?

西洋占星術講座ー潜在意識と星の関係さて、少し大仰なことをいいましたが、ここで私の考えを少し述べてみます。占星術(四柱推命・インド・西洋)があらゆる占術の中では最も良く当たるというのは事実です。では、なぜ占星術が最も良く的中するのでしょうか?私が考える理由は以下の理由によります。私の考えでは「人間と星々」に関する重要な接点は、現代科学の範疇で限定しますと、主に心理学の中に存在すると考えます。心理学は現代において科学と認められているものです。そして、心理学は心という見えない分野を扱う点において、占星術との接点を持っています。

そしてその重要なキーとなるのは、精神分析学の創始者であるフロイト(1856〜1939)の発見した「潜在意識」という概念です。この分野は現在多くの科学者が参入する分野でもありますが、いまだに多くのことが未解明であり、まだこれからの分野だと言えるでしょう。
しかし、占星学はその未開な部分に光を当てる可能性を秘めています。占星学と科学の重要な接点は、まさにそこに存在し、両者は本来的に分割しえない領域を共有しているのではないでしょうか。

潜在意識への星の干渉が解明の鍵となる

その詳細は通信教育の「琉球四柱推命講座」の中で論じていますが、簡略に述べますと、「星の影響」とはまさに心の基底にある「潜在意識」と「相互干渉」しているのです。潜在意識は、私たち人間の心の内部にあって、見ることも触ることもできないものです。しかし、私たちの心を詳細に分析した結果、確かに存在すると心理学において証明されているものです。

同様に、占星学の効果や影響というのも、見ることも触ることもできないものでありますが、歴史的に多くの統計的な資料を得て、その影響がおそらく存在するだろうと予測されているものです。さて、この「星の影響」が私たちの知らない間に、意識の下部にある「潜在意識」に大きな影響を及ぼし、意識の下部から衝動的に私たちの意識に影響を与えるとすれば、星の影響によって運命が傾向づけられるとしてもおかしくはありません。

こうした星からの無意識への干渉作用が実在すれば、人間の運命は占星学者が考えるように、「何らかの星の影響によって方向付けられている」ということになります。私は占星術に関しては、次のような考え方を持っています。

「運命とは潜在意識のなかでつくられる。潜在意識は脳の中にあるのではなく、スピリチュアルな部分にその本体があり、その構成材料は天体を作る構成材料と同じものである」。

だから潜在意識は同じ素材で構成される星と天体の影響を受け、その刺激が運命を変化させていくのである。こうした星と無意識の干渉作用が、目に見えない極めて微細な次元(スピリチュアルな次元)において為されていると予測しています。その場の中心になっている接触点が、心の底にあるといわれる「潜在意識」なのです。

西洋占星術講座その5

潜在意識の衝動が運命を動かしている!

これらの天体の微細な干渉作用が、目に見えない次元においてなされていると考えても、なんら不都合はありません。なぜなら、「潜在意識」そのものが見えないからです。科学者の多くは「星と人間の運命は関係する」、あるいは「その統計的資料が多くある」と何度いわれても、それが昔から言いまわされた表現であるために、関心を持たないのです。

占星学が科学の仲間入りするためには、まず、こうした科学の注目を引かねばなりません。そして多くの科学者の注目を引くには、現代科学的なスタイルに立脚して、「星と人間の関係」をまず提示しなければならないのです。たとえば、「なぜ星の配置が人の運命とかかわるのか」「どうしてそれが生誕の瞬間なのか」「どこにその星の影響が及んでいるのか」といったことです。このような根本的な疑問があります。古代において占星術は科学の仲間でした。もし占星術を再び科学の範疇に入れようとするならば、こうした疑問に明快に答えねばなりません。


潜在意識はどこにあるのか?

生理学者の多くは目に見える脳の中に、この潜在意識の存在を予想しております。ですが、確たる証拠はありません。私の考えでは、脳は微細な次元にある潜在意識全体の情報を機械的、生理的に媒介する存在でしかありえません。それは私自身の明確な体験から断言できるものです。

そうしたベースを基礎にして「潜在意識と星の干渉」の仮説を設定していきますと、前述した多くの基本的な疑問に対して、明確な解答が得られるのです。この潜在意識の詳細な構造と、天体と運命への影響を詳しく知りたい方は通信教育で当校の琉球四柱推命講座をを学んでください。

いずれにせよ、この西洋占星学も、またほかの運命学もそうですが、いまだに運命論として完成の域にはなく、今現在も、多くの理論や統計的資料を収集し仮説を立て、その研究が進行中だということです。しかし、運命という未知の分野を着実に解明していく占星学は、現在行き詰っている現代科学の前途を打開する可能性さえも秘めているのかもしれません


西洋占星術講座ー通信教育(講座)

占いを究める「プロ通信講座」が登場!

1)一人の運命鑑定にかかる時間はわずか1分。20年以上の統計から製作された「運命鑑定ソフト」で人の性格、才能、能力、適性、適職、気質、体質、価値観、考え方、相性、人間関係を瞬時にリーディングできます。あなたの友人、知人、同僚、上司、ご家族など、どんな人の性格も瞬時に読めます。

西洋占術講座―通信講座の案内2) どんな人の運勢も瞬時にリーディング可能です。今日の運勢、明日の運勢、今月の運勢、来月の運勢、今年の運勢、来年の運勢、3年後の運勢、5年後の運勢、10年後の運勢を瞬時に読み解きます。「占いを究めるプロ通信講座」は、運命鑑定の正確さとスピードを最重視します
転職、面接、デート、商談、イベントなど、良い日を使えば、毎日が「開運」のチャンスです。

3)「占いを究めるプロ通信講座」は、従来の勉強期間をわずか6ヶ月に短縮(最短で3ヶ月)。独自開発の「運命分析ソフト」を使うことで、初心者の人でも短期間でプロ並みの実力を養成します。
あなたの運命を変えるチャンスがここにあります
詳しくは、
「占い学校→」のサイトをご覧ください

バナースペース

琉球占い講座

〒901-0303
沖縄県糸満市兼城581-1-610

TEL 098-995-0730
FAX 098-995-0730