本文へスキップ

琉球占い講座は、琉球四柱推命学校を運営するオフィスファルが提供する無料占い講座です。

TEL. 098-995-0730

〒901-0303 沖縄県糸満市兼城581-1-610

琉球占いの紫微斗数講座HEADLINE

紫微斗数講座

紫微斗数講座その1

紫微斗数はどんな占術か

紫微斗数は中国に起源を持つ占星術の1つであり、生年月日、生誕時間、出生地の基礎データから、個人の運命を予測する占い技術です。現在、台湾や香港では非常に人気のある占いであり、よく当たると評判のようです。紫微斗数の「紫微」とは紫微垣(しびえん)の略で、古代中国の天文学で北斗七星の北にある天帝の居所とされた星座のこと。小熊座を主とする星座群のことを示します。このページでは、中国起源の占星術ー紫微斗数の検証をしていきます

紫微斗数で何が占えるのか

紫微斗数講座ー紫微斗数命盤紫微斗数の小熊座とは、首星を北極星として牛飼座の方に延びた一群の星座のことを言いますが、紫微斗数の占いで実際に使われるのは、そうした現実の天空の星座ではなく、あくまで想像上の架空の星です。これを「虚星」といいます。その虚星に様々な意味の象意を持たせ、西洋占星術のホロスコープのように12宮に配合し、その関係の良し悪しを見ながら運命を占っていきます。紫微斗数では自分のこと、兄弟、夫婦、子供、財産、病気、他にも不動産運などもわかるとされます。

紫微斗数は虚星を使う

紫微斗数も西洋占星術と同じように、生年月日と時間を判定の基礎とすることから、いちおう占星術の分類に入りますが、虚星を使う紫微斗数と、実在の星を対象とする西洋占星術を比較してみるのも面白いかもしれません。その構成は驚くほど似ていますが、内容は違えこそ、そこに西洋と東洋の思考法の違いが明確に現れているような気がするのです。東洋、とりわけ中国にとっては昔から感覚的なものが重視されてきた歴史があります。

中国は気の文化が発達している

たとえば気の存在。中国では昔から目に見えない気の存在を信じてきました。風水においても気の役割は重要なものですし、中国の伝統医学(鍼灸など)においても「気」は重要な存在です。気の存在なしでは、中国の文化を語ることはできません。しかし、気の存在は感覚的に理解できるものであっても(気功法など)、実際に目で気をみることはできません。それは、いわば完全に体感的なものなのです。古来より中国では気に限らず、体感的に感じるものを重視してきました。それが様々な占いを作り出す源にもなったのでしょう。

中国の占術にある共通点とは

紫微斗数講座ー気を体感する中国占術中国の占術でよく知られているものだけでも風水占い(陽宅風水)、易断、紫微斗数、四柱推命、宿曜術、奇門遁甲などがあります。他にも手相術、人相術などもあり、中国は占い大国といっても過言ではありません。それに比べて西洋で主流なのは占星術とタロットくらいなもので、中国のように占いの学派が乱立しているようなことは少ないようです。そこに中国の感覚を重視する性質が現れています。西洋人が実際に存在するものしか扱わない、ギリシャ的な科学精神をもっているのに比べると、大きな隔たりがあるようです。

ただ、気をつけなければいけないのは、感覚は時には「だまされやすい」ということです。催眠術のことを考えればわかりやすいでしょう。催眠術で暗示にかかると、無いものでもあるかのように感じてしまうことがあります。占いにはよくフリーサイズ効果があるといわれます。それは占いの特長を良く言い当てています。こうした傾向は中国にもありますので、占いなどを利用するきには十分な注意が必要でしょう。要するには孟子が言うように「実在するものと」「似て非なるもの」を区別することが大切なのです。

紫微斗数講座その2

紫微斗数の命盤と命宮について
紫微斗数講座ー紫微斗数の命盤の作成さて、紫微斗数の占断法にいきましょう。紫微斗数はその名の通り、北極星に比定されるように自己の座を中心にすえ、それを取り巻くように12の宮(ハウスのようなもの)が時間単位によって回転していきます。実際の星も同様で、北極星を中心として周囲の星座が一年で一回転しますが、「紫微」の名はやはりそこに由来するのでしょう。紫微斗数では西洋占星術のように、実在の太陽や木星、金星、火星の位置を出すのではありません。

生年月日時から「干支暦」をつかって、「命盤」とよばれるホロスコープを作成します。最初に「命宮」と呼ばれるものを計算で出します。面白いことに、その算出法は西洋占星術の「ハウス」の出し方とそっくりなのです。まず、生まれた月と時間から命宮の位置を十二支によって決めます。それから命宮を中心にして、他の11の宮を反時計回りに配置していきます。

西洋占星術でも、生まれた瞬間に東の地平線上に上昇している宮から12のハウスに分割していきます。これも紫微斗数と同じように半時計周りに配置していきます。紫微斗数が盛んになるのは明の時代(1368−1644)ですから、この頃に西洋占星術やインド占星術との交流があったのかもしれません。おそらくは紫微斗数が西洋占星術(インド?)の技術を取り入れ、独自な理論を組み込んで、中国のオリジナル占術である紫微斗数占星術を生み出したものと思われます。その判断は西洋占星術と同じように、12宮の意味とそこに宿る星の関係によって運命を推測していきます。

紫微斗数の十二宮の意味

命宮・・・・・自分のこと、器の大きさや精神的な傾向を知る。最も重要な宮。
兄弟宮
・・・兄弟に恵まれるか、兄弟が助けてくれるのかを知る。

夫妻宮
・・・どんな配偶者を好むか、どんな配偶者と結婚するかを知る。

子女宮
・・・どのような子供に恵まれるか、子供との関係を知る。

財帛宮
・・・お金持ちになれるか、どのような財の傾向があるのか。

疾厄宮・・・かかりやすい病気、体質が強いか弱いかなどを知る。

遷移宮・・・旅行などの移動、外部の人間関係などを知る。
奴僕宮・・・部下や目下の人との関係の良し悪しを知る。
官禄宮
・・・仕事の傾向性、適職、出世などを知る。

田宅宮
・・・不動産の運、住宅環境のよしあしなどを知る。

福徳宮
・・・遊び、趣味、享楽性などの余暇的な良し悪しを知る。

父母宮・・・両親との関係の良し悪し、力になってくれるかを知る。



紫微斗数の占術としての考え方自体は、西洋占星術と同じです。ただ、この12宮のなかに入る星は100個以上あるとされ、主も重要な星として次の星があげられます。

紫微斗数の吉星と凶星の意味

紫微星・・・もっとも強い作用を発揮する星。帝旺を意味する。
天機星
・・・知恵や器用さを表す。吉星。

太陽星
・・・行動力があり、明るい。自意識過剰な面がある。吉星。

武曲星
・・・財運を表す。実直で真っ直ぐな性格。吉星。

天同星
・・・温厚な星。やさしくて人気がある。吉星。

廉貞星
・・・実利主義で好き嫌いが激しい。人間関係に注意が必要。凶星。

天府星
・・・温厚で寛容。度量が大きい。大らかさを表す。吉星。

太陰星・・・女性的でロマンチスト。繊細さを表す。吉星。
貪狼星・・・享楽さと欲望を表す。現実的で合理的。色情がある。凶星。
巨門星
・・・口うるさく、トラブルを起こしやすい。探究心は強い。凶星。

天相星
・・・補佐的な能力がある。名誉を表す。吉星。

天梁星
・・・親分的で統率性がある。私心がなく、公的な面を優先する。吉星。

七殺星
・・・権威、権力を表す。勇気があるが乱暴なところがある。凶星。

破軍星・・・行動的で投機的なことを好む。型にはまらないが、苦労も多い。凶星。
文昌星・・・学問や芸術など、文芸的な才能を持つ。知的で上品な雰囲気。吉星。
左輔星・・・補佐的な役割をする。他人からの助けを得やすいとみる。吉星。
右弼星
・・・左輔星と同じ。

天魁星
・・・目上からの引き立てがある。良いことを引きつける。吉星。

天鉞星・・・天魁星に同じ。

禄存星
・・・物質や財に恵まれる。吉星。

陀羅星・・・けがや事故、災禍を意味する。凶星。
火星
・・・・・粗野でせっかちだが、スピードがある。一時的な成功。凶星。

鈴星
・・・・・火星に同じ。

化禄星
・・・財禄を表し、強い影響力を発揮する。

化権星・・・権威を表し、やや強い影響力を発揮する。

化科星・・・試験運に強く、昇進のチャンスをつかむ。

化忌星・・・宮に悪い影響を及ぼす。

紫微斗数は12宮に入る「虚星」の意味で判断

紫微斗数では命盤を作成したあと、判断は主にその12宮に入っている虚星の象意によってなされます。主要な虚星がない場合、反対の支のある宮を参考にします。虚星の数は全部で100を超えるといわれます。しかし、実際に重要なのは30種類ほどといわれており、それを吉星と凶星に分けて、その虚星がどの宮に入っているかで運命を予測していきます。紫微斗数を実際にやってみるとわかりますが、その構成は西洋占星術のホロスコープの技法とそっくりなのです。

ただ、虚星を使うところや、その算出法自体はまったく異なるものですが、たとえば12のハウス分割(宮)や、星とハウスの関係を見るところなどは、占星術のシステムとしては非常に酷似しているのです。

紫微斗数講座その3

紫微斗数と西洋占星術が融合?

そうしたところから、おそらく過去において西洋占星術、もしくはインド占星術と何らかの交流があったと予測できます。まず、外来の西洋あるいはインドの占星術がベースとしてあったのでしょう。それに加えて、古代や中世の中国独自の天文思想が混合して、中国独自のスタイルを確立していったのではないでしょうか。

たとえば100以上にも上る虚星の紫微や天機、武曲、天同、天貞、天府、太陰、貧狼、巨門、破軍といった名を見ると、過去にそうした流れがあるだろうことは容易に想像がつくのです。内容的には奇門遁甲や
四柱推命からの借用が多いようです。

紫微斗数の起源とは

紫微斗数講座ー紫微斗数の起源とは紫微斗数はその独自性から、その起源を探るのは難しいのですが、一般的には五代や宋の道士であった陳希夷(?〜989)を創始者としています。陳希夷は中国の神仙術に通じた道士であり、人相学や手相学の達人とされた人です。手相・人相学の聖典である『神相全編』などの著作があります。また、宋の太宗に召されて活躍した実在の人物です。道教といえば中国における神秘学ですから、彼がこうした方面に精通していた人物であることは間違いありません。ただ、彼の著作とされる『紫微斗数全書』は明代(1368−1644)に世にでていることから、この本が本当に彼の著作なのかは判明できません。

つまり、現在ではこの紫微斗数がどのように創り出されたのか、はっきりとはわからないのです。紫微斗数は、同じ中国占術の子平・八字(四柱推命)とよく比較されますが、四柱推命のように国家・官僚によって使われたエリートの運命学ではなく、民間の間で広がった草の根の運命学といわれております。それを表すように、四柱推命が干支学としてきちんと整備されているのに対して、紫微斗数は100個を超えるまとまりのない星々を使いますので、やはり全体としては雑然とした占いという感じがするのは否めません。

紫微斗数を実際にやってみる

実際に紫微斗数をやってみると、同じ宮に入っている相反する星々の解釈に苦しむことになります。しかし最近は効果の大きい主要な星のみを取り上げ、分類し整理した方法も確立されているようなので、簡略にやりたい方はそのような方法を試してみるのもよいでしょう。さて、紫微斗数の検証をしてみましょう。私がこの占いを実際に試して最初に感じたことは、この紫微斗数占いには非常に雑多な要素が入り込んでいるということです。

まず、生誕の時間と生まれた月を使って「命宮」という中心的な性格を出しますが、これは西洋占星術でいうアセンダント,インド占星術で言うラグナの技法に非常によく似ています。つまり、紫微斗数はベースに西洋占星術(インド占星術)の技法を取り入れたと考えることができるでしょう。たとえば、紫微斗数でも生誕時間を機軸として12支を日に1回転させている所も同様な技法であり、また半時計周りに描いていくところも同様です。

ただ、紫微斗数では西洋のような実在の星ではなく、あくまで中国古来の虚星を使用している点に特徴があります。では、この100を超える星たちはどのようにして生み出されたのでしょうか。

紫微斗数は、奇問遁甲の知識が利用されている?

紫微斗数講座ー紫微斗数と奇門遁甲の関係紫微斗数の主要な星の名前を見る限り、それは中国古来の方位術であった奇門遁甲ではないでしょうか。奇門遁甲は中国古来の占術でもともと兵法として使われてきた経緯があり、紀元前後に成立をみて戦争に使われてきました。占いというよりも方位学ですが、かの有名な周代の太公望もこの奇門遁甲を使ったといわれます。

奇門遁甲には紫微斗数で使われている星と同じ名前の星がたくさん出てきます。たとえば貪狼星、巨門星、禄存星、文曲星、廉貞星、武曲星、破軍星、左輔星、右弼星などは奇門遁甲では九天星と呼ばれ、ほぼ紫微斗数と同じ意味をもっています。また四柱推命から取り入れた部分もあるようです。たとえば10年間で変化する運は、四柱推命の大運に相当します。

そうしたものも含めると、紫微斗数は西洋占星術(インド占星術)の技法を取り入れ、そこに中国古来の奇門遁甲、四柱推命、その他の知識を持ち込んで、独自の占星術として確立したといえるようです。その成立はおそらく明代でしょうから、実際の創始者は陳希夷ではないのかもしれません。誰かが著名な人物に仮託したとも考えられるでしょう。

紫微斗数講座その4

紫微斗数の解釈法について

紫微斗数にでてくる全部で100個以上もある星の意味を解釈するとなると、とても難しくなります。また占い特有のフリーサイズ効果(どのようにでも解釈が可能の意味)となってしまいますので、紫微斗数では多くの星を使うのはあまりおすすめできません。紫微斗数を実際にやってみると、「なるほど当たっている」と思うことが多いのはたしかに事実です。一般の方であれば、それだけで紫微斗数という占いに驚いてしまうかもしれません。

ただ、実際には紫微斗数では幾つもの解釈ができる可能性があるために、実際的に当たっているように、多様な解釈ができてしまうというのも事実なのです。たとえば紫微斗数を使って、「自分に当たっているところ」だけを見るのではなく、自分とは関係のない他の箇所も自分に当てはめて読んでみると、そのことがよくわかるかもしれません。

紫微斗数ではどのようにでも解釈できる?

紫微斗数講座ー占いのフリーサイズ効果とは紫微斗数で一番の問題点は、命盤の解釈に多様性を持たせすぎている、という点にあるでしょう。どんな占星術、占いにもいえることですが、的中率を上げようとするあまりに解釈の幅をどんどん広げてしまうという欠点があります。この解釈が当てはまらないと別の要素を拾い出してくる、この解釈でも当たらないとさらに別の解釈を出してくる。実際に多くの占術がこうした安易なフリーサイズ鑑定法に走ってしまうのです。

このように解釈の幅を広げると、占っている人は常に当たっているという錯覚に陥ります。これがよくいう「占いのフリーサイズ効果」です。しかし、こうした鑑定法に頼ってしまうと、間違っていることをあたかも当たっているように錯覚するために、結局は根拠のない解釈に振り回されることになるでしょう。紫微斗数ではこのようなフリーサイズ効果に陥らないように、十分に気をつける必要があります。

また、これも紫微斗数に限りませんが、自分の運命から、他人のことを直接判断するのは、本来的には不可能なことです。自分の運命から正しく予測できるのは、あくまでも自分の運命の可能性と傾向性です。家族や兄弟には確かによく似た資質が出るのは事実ですが、いつでも常に当たるとは限りません。これも解釈の幅を広げすぎる事例の一つです。

紫微斗数を検証する

私が実際にこの占いを使ってみた感想を述べますと、ずばりと当たっている部分もありますが、まったく外れている部分というのもあって、全体としては真と偽が入り混じっているような複雑な感じを受けます。それは自分のよく知っている人を生誕時間までいれて出したものですから、データ的な不備などではありません。紫微斗数は世間的には良くあたる占いと評判のようですが、事実、内容的にもたしかによくできた占いだと思います。

ただ、紫微斗数には四柱推命をやったときのような驚きがありませんでした。それは紫微斗数が現実のリアリティーを離れて、占い的な技巧ばかりに走りすぎてしまったからなのかもしれません。つまり、紫微斗数では解釈の幅と多様性を増やしていくことで、統計的な技術よりも占者の経験と勘にたよる要素を多くしてしまったのです。そんな印象を強く感じます。

また、四柱推命に比べると、紫微斗数が何かすっきりとしない雑然とした印象を覚えます。たとえば紫微斗数の命盤でわるい判断が出たとしても、では、実際的にどこをどのように気をつければよいのか、わからないのです。ですが、どの運命学を信じ、どの運命学を自分の行動基準とするかは、まったく本人の自由でしょう。人によっては複雑な四柱推命よりも、解釈のスピーディーな紫微斗数のほうがよい、という人もいるかもしれません。

どんなものでも、一概にこれが良いとは言えないのかも知れません。その人がそれをどのように利用するのかが大事なのでしょう。ですから、まずはいろんな占いを試してみることをお勧めします。


紫微斗数講座ー通信講座

占いを究める「プロ通信講座」が登場!

1) 
一人の運命鑑定にかかる時間はわずか1分。1分間でその人の性格、才能、能力、適性、適職、気質、体質、価値観、考え方、相性、人間関係を瞬時にリーディングできます。その秘密は20年以上の統計から製作された「運命鑑定ソフト」。心理・周期グラフを採用することで、正確さとスピードを実現しました。あなたの友人、知人、同僚、上司、ご家族など、どんな人の性格も瞬時に読めます。

紫微斗数講座―通信講座の案内2) どんな人の運勢も瞬時にリーディング可能です。今日の運勢、明日の運勢、今月の運勢、来月の運勢、今年の運勢、来年の運勢、3年後の運勢、5年後の運勢、10年後の運勢を瞬時に読み解きます。周期グラフの作用でビジュアルで運気がすぐに判明。
あなたの転職、面接、デート、商談、イベントなど、良い日を使えば毎日が「開運」のチャンスです。すぐに使える「開運カレンダー」が付いています

3)「占いを究めるプロ通信講座」は、従来の難しい四柱推命の勉強期間をわずか6ヶ月(最短3ヶ月)に短縮。独自開発の「運命鑑定ソフト」を使うことで、初心者の方でも短期間でプロ並みの実力を養成します。
あなたの運命を変えるチャンスがここにあります

詳しくは、「→占い学校」のサイトをご覧ください。



バナースペース

琉球占い講座

〒901-0303
沖縄県糸満市兼城581-1-610

TEL 098-995-0730
FAX 098-995-0730