本文へスキップ

琉球占い講座は、琉球四柱推命学校を運営するオフィスファルが提供する無料占い講座です。

TEL. 098-995-0730

〒901-0303 沖縄県糸満市兼城581-1-610

琉球占いの四柱推命講座HEADLINE

四柱推命講座

四柱推命とはその名のごとく、四柱と呼ばれる「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」の四つの時間軸を使用して、運命を予測する占術(深層心理学)です。ただ、四柱推命とは日本で独自に作られた名称であり、本場である中国においては「命理」とか「子平」「八字」と呼ばれているようです。さて、呼称のほうはともかくとして、四柱推命は占断システムとしては生年月日と生誕時間、および出生地を基準としていますから、占星術というジャンルに入ります。

四柱推命講座その1

四柱推命は中国で生まれた占星術

四柱推命は中国で生まれた占星術ですから、「中国占星術」と呼ぶことも可能でしょう。しかし中国にはほかにも「紫微斗数」や「宿曜術」などの占星術もあります。日本での名称―「四柱推命」という名称は少し不十分です。なぜなら、判断の際には大運と呼ばれるものを入れて判断しますので、実際には「五柱」となり、四柱推命という呼称は本来的には正確ではありません。


四柱推命では何がわかるのか?

四柱推命講座1四柱推命でわかるのは人の性格、才能、能力、適性、気質、体質、恋愛傾向、対人傾向、他人との相性などです。また、大運と呼ばれる優れた技術があります。これは驚くほど正確に運命の変化を読むことができます。四柱推命は的中率が非常に高いために、「占いの王様」と言われます。ただ、その解釈法が難解であるため、初心者にはあまり好まれないようです。またプロの鑑定士であっても、実際に正しく四柱推命を使える人は非常に少ないようです。


四柱推命の鑑定法について

プロの鑑定士においても、多くの人が「空亡」「特殊星」(神殺)といった四柱推命の付随的な要素をメインにして判断しているようです。ただ、そうした鑑定法を使うと高い的中率を出すことができません。残念ですが、日本の四柱推命ではこうした亜流的な技術が主流になっているのです。ちなみに本場の中国では空亡や特殊星(神殺)などの鑑定法はほとんど使いません。こうした鑑定法を採用すると的中率が大幅に下がりますので注意が必要です。


 四柱推命の歴史とは

四柱推命の起源と歴史について

四柱推命の起源は、古代中国へとさかのぼります。四柱推命では干支暦という暦を基にして命式というものを出しますが、干支暦がないと命式を作成することができません。その干支暦が作成されたのが殷の時代(紀元前17世紀~紀元前11世紀頃)と言われていますから、暦の歴史までいれると三千年以上の歴史があります。日本に最初に四柱推命が入ってきたのが江戸時代、医学者の桜田虎門という儒学者が最初に翻訳した書が民間に流れ、現在の日本の四柱推命の基礎を作りました。

四柱推命講座2ー干支暦の起源四柱推命は干支暦を使う

では、四柱推命はどのように形成されてきたのでしょうか。まず、古代中国というのは天文学が非常に発達していたということ。そこからすると、星の運行を計算して干支暦を作成したと思われます。四柱推命はほかの占星術のように、天空の星々の配置を計算するのではなく、「十干」と「十二支」の記号を組み合わせて作られた暦(干支暦)を使用して占います。

四柱推命の干支暦について

この干支暦の信憑性については、西洋占星術の立場から異論を出す人もいますが、実際の信憑性は四柱推命に熟達することで、その信憑性を確かめることができます。事実、四柱推命の干支暦は非常に精緻に作られています。たとえば運気の変化を大運など予測するのですが、ほぼこの予測が外れることがありません。

四柱推命講座その2

四柱推命は統計的な方法によって証明される

四柱推命は統計学の一つです。こうした統計的な手法をとることで、この干支暦の信憑性を知ることができます。現存する「六十干支表」で最古のものは、中国河南省の殷墟から発掘された甲骨文字による表です。これは今からおよそ三千年前頃のものとされています。

これは現存する記録のみですから、実際にはもっと古いものである可能性があります。中国において歴代王朝はこの「六十干支暦」を正式の暦として採用し、その始まりを黄帝建国の紀元前2679年として、そこに甲子の年、月、日、時間を当てはめて、それが規則正しく循環して現代まで続いているとしています。

統計的にみる四柱推命の干支暦は、非常に精度が高い

干支暦のその詳細な真偽は定かではありません。ただ、現代に至るまでこの暦が矛盾なく使用されており、その内容の精度についても四柱推命の鑑定において実際に確かめることができますから、干支暦は非常に優れた占星術の暦といえるでしょう。さて、実際にその干支暦を使い、人間の運命を予測する占い術として成立したのが、紀元前三世紀ごろといわれております。


中国の四柱推命の始まりとは

四柱推命講座3ー四柱推命の歴史とは珞琭子(らくろくし)の書いた『元理消息賦』(げんりしょうそくふ)が最古の文献といわれます。その後、宋代(10~13世紀)になって徐大升(じょたいしょう)(徐子平)が出て、『淵海子平』(えんかいしへい)を著わし、四柱推命を体系化します。さらに明代(14~17世紀)には劉伯温の『滴天髄』(てきてんずい)、萬英民(ばんえいみん)の『三命通檜』などが著されて、現代の四柱推命の理論がほぼ完成します。

日本の四柱推命のはじまりについて

日本においては、仙台藩の桜田虎門という医者が翻訳した『淵海子平』が始まりとされます。以後、多くの研究者を排出して、その大成者ともいえる阿部泰山に至るまで研鑽が続いています。現代の日本における四柱推命の流れは、その多くが安部泰山から出ているといわれますが、その研究は広範囲に広がり、最近は研究成果としての書籍等も数多く出されています。

四柱推命講座その3

日本の四柱推命における空亡や特殊星(神殺)について

四柱推命講座4ー干支の関係を読むのが四柱推命日本における四柱推命の多くは、「空亡」や特殊星(神殺)と呼ばれる技術を使用します。ですが「空亡」は十干と十二支の組み合わせから生じた机上の迷信といえますし、「神殺」もまた十干と十二支の関係を部分的にピックアップしたものに過ぎません。実際の四柱推命のリーディングには、五つの時間軸の干支のみあれば十分なのです。

そうした判断法は四柱推命の亜流的な使い方であり、そうした技法を使っていては高い的中率を出すことはできません。実際に四柱推命で判断する際は、大運を含む五柱の十干と十二支のみを書けば、そこに配列された干と支の力学的な特性から、全てのことが判断できるのです。 では、古典に精通すれば良いのかと考える人がいます。しかし、そうでもないのです。

四柱推命の古典について

四柱推命を本格的に理解しようと思って古典を読み込んでみても、その本当の意味は理解できないのです。かえって細かな点に煩わされて、全体的な判断が間違うことがあります。実際に原典を読んでいる本場の人でも、用神を過度に重視したり、大運をおろそかにしたりしているのが現状なのです。また致命的な間違いとして、蔵干理論の重大なミスがあります。

四柱推命の蔵干には間違いがある

四柱推命講座5ー地支の通変はだしてはいけないたとえば「蔵干」という理論じたいに、かなりあやふやなヶ所が多数あります。一般の四柱推命では蔵干地支に「土性支」を入れますが、そもそも天干の土と地支の土は全く異なるものです。他にも地支蔵干で天干と同様に通変を出しますが、これもおかしなものです。

また一般の四柱推命では地支に通変を出して判断材料としますが、天干の通変と地支の通変を同じように解釈すると、まるっきり間違った判断になることがあります。琉球四柱推命では地支の通変は出しません。(琉球四柱推命の命式図を参考)

他にもたとえば、計算上の予測と現実の人生が全く違ってしまうことがあります。不思議ですが、古典に精通すればするほど、現実的な判断とのズレが生じてくるのです。なぜでしょうか。一歩間違えば、四柱推命は机上の空論になってしまいかねません。四柱推命を研究をする人は、古典の理論ばかり頼らずに、計算上の予測と現実の照合をしっかりとやらねばならないでしょう。

四柱推命講座その4

四柱推命のやり方

四柱推命で占いをするには、まず命式と呼ばれるものを出さねばなりません。命式とは、その人の生年月日時を書き出したものに、解析用の記号(通変・12運)などを記したものです。これを見ながら解釈を進めていきます。

1 干支暦から、生まれた年月日時の干支を配置する。
2 各干支の五行のバランスを計算する。
3 生まれた日の干から、通変、12運等を算出する。
4 大運を所定の計算法によって算出する。
5 年、月、日の通変等を算出する。

〔命式の算出法〕

1 干支暦を配置する・・・干支暦は、市販のものを求める必要があります。干支暦がないと命式をつくることができません。もっとも精度の高い市販の干支暦として、武田考玄先生の『命理・遁甲 万年暦』がお奨めです。少々お高いですが、非常に正確な暦なので安心して使うことができます。(最近はパソコンソフトを使うのが主流。)

2 五行のバランスを計算する・・・生年月日時の干支を出した後、次に五行の力量を計算していきます。五行とは「陰陽五行思想」ともいわれるように、中国思想の根幹になっているものです。干支もすべて陰陽、五行に分類されます。

〔陰陽と五行の意味〕


陰・・・・・・物事の裏的な側面、保守的傾向、補完的な要素
陽・・・・・・物事の表的な側面、能動的傾向、メイン的な要素
木・・・・・・純粋で真っ直ぐな性質、全体的な制御、高度な意志に順応する。
火・・・・・・明るく陽気な性質、自我的なもの、意識に関係する。
土・・・・・・活動性、構成力、組織力、もっとも物質的なもの
金・・・・・・吸収力、理解力、英知、ネットワーク、関係性。
水・・・・・・柔軟性、感情的な力、人間関係、言語能力。

干支を五行に分解して、その計算を集計します。命式でどの五行が強いのか、弱いのか、はっきりと知る必要があります。この計算手順をおろそかにすると、解釈そのものが間違ってしまいますので、注意してください。


通変と12運から、瞬時にその人の特徴が読める

3 通変と12運を算出する・・・通変とは、命式を解釈する記号のようなものであり、その人のメンタリティーを暗示します。通変には10種類あり、日柱天干(日干)から各天干を見て算出します。

比肩、劫財・・・・・・日干と同じ五行。陰陽の同じものを比肩、異なるものを劫財。
食神、傷官・・・・・・日干から生じる五行。陰陽の同じものを食神、異なるものを傷官。
偏財、正財・・・・・・日干から剋する五行。陰陽の同じものを偏財、異なるものを正財。
偏官、正官・・・・・・日干を剋する五行。陰陽の同じものを偏官、異なるものを正官。
偏印、印綬・・・・・・日干を生じる五行。陰陽の同じものを偏印、異なるものを印綬。

四柱推命講座その5

天干の通変から、その人の考え方や価値観をつかむ

ちなみに、琉球四柱推命では地支の通変を出しません。その理由は、天干と地支を明確に区別するためです。天干と地支は全く異なるものと考えねばなりません。天干と地支の通変を同じように出して解釈すると大きな判断ミスにつながります。プロの占い師でも、そのことがわからない人がたくさんいます。しかしこれでは、高い的中率を出すことはできません。高い的中率を出すためには、もっと構造的に理に適った解釈をしなければならないでのす。

通変からその人の考え方や価値観が瞬時に読めます。通変はもともと星のアスペクトに基づいて計算したものですが、他の占星術にはない非常に優れた特徴の一つです。この通変の採用によって四柱推命が優れた占星術となっているのです。

12運からその人の性格、情緒を瞬時に読む

12運を出すには、日干と地支の関係を見ていきます。12運とはもともと人間の一生涯の盛衰を、12の状態にたとえたものです。人間の一生は夢見心地の赤子時代からはじまり、力量をともなう大人へと成長し、知恵の身についた晩年へと変化していきます。12運はこれを参考にして、日干と地支の関係性を表したものです。

四柱推命の12運の意味

胎・・・・・・・・夢を見ている赤子の状態。
養・・・・・・・・幼少期の無邪気な状態。
長生・・・・・・生育期の明朗な状態。
沐浴・・・・・・変化を好む青少年期の状態。
冠帯・・・・・・親に反抗し、威張りだす状態。
建禄・・・・・・独立して、一家をを興す状態。
帝旺・・・・・・意気揚々とした、人生の絶頂期。
衰・・・・・・・・力量が低下して、衰えの見える時期。
病・・・・・・・・現状に執着して、わずらう状態。
死・・・・・・・・気持ちが内向し、自分と向き合う時期。
墓・・・・・・・・本能の波風が静まり、簡素な状態。
絶・・・・・・・・すべての働きが途絶えた状態。

4 大運を所定の計算法によって算出・・・大運は四柱推命の運勢判断において大きな位置を占めます。しかし、一般の四柱推命において大運の作用は、ほとんど理解されていないようです。解釈を用神などにおきすぎて、大運の作用を無視している感があります。ただ、これでは判断そのものを誤ることになります。

大運の計算法は複雑なので、手計算でやるのは難しいでしょう。多くの四柱推命では単に大運を算出して通変だけの解釈に頼っているようです。ここも大きな問題点の一つです。大運と命式、五行には複雑な相互作用があるのです。琉球四柱推命では、詳細なプログラムを組むことによってこの複雑な問題をクリアしています。高い的中率を出すためには、大運の正確な把握が大事です。

5 年月日の通変等を計算で出す・・・四柱推命は大きく分けて10年間の運命傾向、1年間の運命傾向、1月間の運命傾向、1日の運命傾向を知ることができます。一般にはこれだけでも十分ですが、実は時間にも同様な周期があります。時間はほとんど無視されていますが、私が自身の人体実験で感じるところでは、時間の作用も確実に作用しています。

細密な四柱推命では、時間の運気も出せる

たとえば、悪い不安定な時間に入ると、急に元気がなくなります。また、悪寒などがして風邪が悪化したりします。怪我などもよくあります。何度、実験してもそのとおりになるので、本当に不思議なのです。頭ではどんなに考えても理解できませんが、実際にその通りになるので、この運命原理を信じざるを得ません。

四柱推命講座その6

琉球四柱推命では不和年、不和月、不和日も算出

これは自己暗示などではないのです。他人に知らせずに観察しても、同じことが起きるからです。四柱推命は本当にすごい学問としかいいようがありません。 他の占術で、果たしてこれだけの的中率を出せるものでしょうか。琉球四柱推命
では、こうした時期を「不和期」と呼び、運命に障害がでる時期として注意を喚起しています。不和期には10年の不和期、1年の不和期、1ヶ月の不和期、1日の不和期、2時間の不和期、5つの不和期があります。運命の不安定さのほとんどは、こうした時期に集中します。

悪運は知ることで避けることができる

こうした時期は、天候の荒れる時期にたとえられるでしょう。気象レーダーで事前にそれを知ることで、悪天候を避けることができます。それと同様に、運命分析で事前にそれを知ることで、悪運期を避けることができるのです。厳重に注意をした人と、知らずに過ごした人では当然、未来が変わってきます。人間は動物とは違います。英知を使うことで、危ない局面を乗り越えることができるのです。

四柱推命は非常によく当たる

こうした手順を踏んだ後、命式を見ながら体質、人間関係、才能、能力、性格、未来・過去の運命の流れ、質問等を解釈していきます。私も四柱推命を研究する端くれですが、四柱推命は確実な解釈法を採用すれば、実際に非常によく的中するのです。ときには恐ろしいほど当たります。このように当たると、四柱推命とは人間の運命構造を的確に捉えた、原理そのものではないか、と思えるのです。

琉球四柱推命ではこうした基礎研究をもとにして、新たに四柱推命を再編した精度の高い分析法を使っています。ご興味をお持ちの方は、琉球四柱推命学校をご参考ください。(琉球四柱推命学校へ→)

四柱推命はどんなシステムを使用してるのか?

さて、この四柱推命ですが、本場の台湾や香港では人気があるようです。ただ、なぜよく当たるのか、そこについては誰も検証していません。まず四柱推命がなぜ当たるのかを知るには、四柱推命の構造を理解しなくてはなりません。私も四柱推命の非常に高い的中率を知り、その構造を知るために研究を続けてきたのですが、どの四柱推命の本をみても
その説明はありませんでした。

四柱推命の謎を追求すると、宇宙の真理が見えてくる

結論から言いますと、四柱推命の謎を解明するには四柱推命の内容だけを学んでいてはだめだったのです。肝心の四柱推命の古典「子平真詮」や「滴天髄」でさえも、四柱推命の理論については何も語っていません。現在の四柱推命はただ当たる技術だけが存在しているのです。そこで私は独自に四柱推命の理論を追求していきました。その結果、四柱推命が人間や宇宙の謎と深く関わっていることがわかってきました。

琉球四柱推命では技術と理論を完備

現在では、その理論面もほぼ解明し、琉球四柱推命として技術と理論を体系化しました。的中率の高い技術と理論を兼ね備えた琉球四柱推命を通信教育で学ぶことができます。早ければ最短3ヶ月、初心者の方でも6ヶ月間で習得することができます。運命を瞬時に正確にリーディングできる、当校の琉球四柱推命をあなたも学びませんか。詳しくは琉球四柱推命学校をご覧ください。

四柱推命講座ー琉球四柱推命の通信教育

占いを究める「プロ通信講座」が登場!

1)
 一人の運命鑑定にかかる時間はわずか1分。1分間でその人の性格、才能、能力、適性、適職、気質、体質、価値観、考え方、相性、人間関係を瞬時にリーディング。心理グラフ、周期グラフで、正確さとスピードアップに成功しました。
あなたの友人、知人、同僚、上司、ご家族など、どんな人の性格も瞬時に読めます
四柱推命講座―通信講座の案内2) 運勢も瞬時にリーディング可能に。今日の運勢、明日の運勢、今月の運勢、来月の運勢、今年の運勢、来年の運勢、3年後の運勢、5年後の運勢、10年後の運勢を瞬時に読み解きます。周期グラフ、日取りカレンダーの応用で瞬時に運気を読みます。
転職、面接、デート、商談、イベントなど、良い日を使って毎日が開運のチャンスです。すぐに使える「開運カレンダー」が付いています。

3)
 「プロ通信講座」は、従来の難しい四柱推命の勉強期間をわずか6ヶ月に短縮(最短3ヶ月)。独自開発の「運命分析ソフト」を使うことで、初心者の方でも短期間で本格占術がマスターできます従来では考えられない短い期間でプロ並みの実力を養成します。あなたの運命を変えるチャンスがここにあります
詳しくは、「占い学校→」のサイトをご覧ください。


バナースペース

琉球占い講座

〒901-0303
沖縄県糸満市兼城581-1-610

TEL 098-995-0730
FAX 098-995-0730